ゲットバッカーズ 雷帝 強さ

発行者: 21.03.2020

ゲットバッカーズってなんかカードで戦う話もあったよな? その方向にシフトするのかと当時感じてたな。単行本に特典として雷帝カードついてたし。. 知恵袋のすべての機能を利用するためには、javaScriptの設定を有効にしてください。 JavaScriptの設定を変更するには「 JavaScriptの設定方法 」をご覧ください。.

赤屍さんはサーヴァントに対してのグランドサーヴァントみたいなものでしょう 同じ格の敵には そもそも戦闘描写がないけど それなりくらいの強さなんじゃね. GBの絵担当の人 原作付きかは忘れた って確か 極短期間マガジンで牛若丸主人公の漫画描いてた気がする 速攻で連載休止になったけど、どうなったんだ、アレ. コマンに解脱アタックが効いたのは天狗道に取り込まれた人間がやったからなので、最初から抵抗できそうな超越者じゃ意味ないのよ こいつとか赤屍みたいに俺様ルールでゴリ押しできる奴はマジでどうにもならん. 赤屍の強さは2つの宇宙に同時に存在できてしかも想像できないことは起こらないっていう一種の全能持ちだからだろ バトルの描写が微妙に見えるのは仕方ない. ゲットバッカーズは終盤がエアギアやブリーチレベルの作者の独りよがり設定がなぁ 作者だけが分かってて読者は置いてけぼりくらう設定が嫌だったな あと四天王の中で士度の扱いだけが終始かなり酷かったのが.

の剣による光速斬撃を15cm動くだけで全てかわし、一撃で倒せる第6感ポール が神の力を持ったことで次元が違うなんてもんじゃないという神の領域に突入してもベアナックルで互角だった蛮父 の攻撃を片手で受け止め、紫紋並に強い弥勒5人をまとめて瞬殺し、5人より遥かに強い夏彦の斬撃をわざと薄皮1枚切らせてかわせる蛮 が苦戦する本気の夏彦の数倍以上強い雪彦の次元階層ごと吹っ飛ばすというブラックホール攻撃を相殺できる銀次が追い込まれる本気の雪彦 と笑い合いながら戦える第6感銀次より強い呪術王に匹敵する夜半よりも上位の存在であり 相手が止まって見える超時間に存在しさらのその超時間も操作し一方的に攻撃でき、さらに神の力を持ったことで決して敗れざる超存在となった鏡 を軽く瞬殺した赤屍と戦える、時空や次元を超えても干渉できない時空のズレに存在し相手の見る全てのものを支配する来栖 の全てのものを根本から無に還す波動がまったく効かず、あらゆる攻撃が無効化されるという雷帝 が進化した100%雷帝の次元を突き破り空間を破壊し全てのものを分子も残さず消滅させるプラズマを防御もせずモロに受けてもビクともしない本気蛮 がさらにアスクレピオス解放で暴走しても余裕でフルボッコにする蛮父が足元にも及ばない呪術王 のこの世の全ての負のエネルギーを収斂してセカイごと消し飛ばすという絶対破壊 で多次元階層より上位の世界を完全に覆っても相殺した雷帝 より高位の神であり因果律や時間など世界のあらゆる可能性・要素をシナリオ通りに支配しているTHE・CLOCK でもどうしようもない創生王候補の蛮の攻撃を片手をポケットに入れたまま10億分の1mまでひきつけてかわし こんなものですかと失望する赤屍と張り合える覚醒蛮とセカイを無に還して自由に作り変えた銀次 を軽くゴミ箱送りに出来る無限城近くのチンピラヤクザ を一蹴したヤクザより遥かに強く最強のお方と呼ばれる菱木竜童 を金的蹴りで倒すマドカ最強 ナイス 11 違反報告.

通常は手のひらから自在に生み出すメスを武器とし、自身の血や、血が混ざったものはなんでも武器にすることができる。故に百八つの凶器を持つ男とも呼ばれる。 脅威のスピードと回復力を持ち、死は他人事。 次元や空間を切り裂いたり、血から血への移動が可能なほか、血から無限に分身生み出すこともできる。 経験則による的確な読みも合わせてその強さは計り知れず、ラストバトルを経て本人にもやっと底が垣間見えた。 両手のひらと甲、両脇、首の左側面、左肩から胸にかけて傷痕があり、これらは他の傷と違い治る様子がない。手のひらの傷からは自ら血を溢れさせて武器を取り出すような描写が見られる。左上腕には炎を模したような刺青がある。.

VOLTS MAKUBEX … …… VOLTS. 2 2 5. …… ?

関 連タグ バトル漫画 最強 GetBackers 奪還屋. 面白いかどうかは個人の好みだろうけど、千と千尋のヒットした理由位は分からんとダメじゃん 自分は好みではないけどこういうのが大衆受けするんだろうなって理解がなければ自分 GET BACKERSのアニメのDVD持ってますわw 海外で発売された2セットで50話入ってるの …番ちゃんの声がランサーの兄貴と同じだったね。.

ベストアンサーに選ばれた回答

インフレと言えばファフナーもかなりインフレしてたな。 アザゼル型とかザルヴァートルモデルたかあれ、下手なサーヴァントよりも厄介だろw. そりゃ人間が想像し易い方が派手に見えるだろうからな。 正直魔法まででしょ?漫画だと次元超える辺りから派手さとは無縁になるね。 それと何の格付けにしろ基本的に上位に位置付けされる物の傾向として 「人気じゃない+古い+現役ではない」ってのがあるのさ。. そうなると「サーヴァントはクラスに当てはめることで意図的に英霊本体より弱体化させている」って設定のあるfateは調整がしやすいな 特に原作である五次勢は皆程度の差はあれど大体何かしらの制限負ってるし.

アニメのヤマトタケルは最後スサノオ巨大化だったっけ 実写版は鏡と剣と勾玉で巨人というか巨大ロボ化してたが 結構楽しかったなぁ 極限解釈でFGOに巨大スサノオとヤマトタケル喚ぼう!. コメント

  • そう言えば桜井さんのスチパンシリーズも漆黒のシャルノスと言う作品が最強議論にランクインしていますね。 正直、4章はMと聞いてマグロの人が浮かんだ人、「残 念 だ っ た な!」 しかもこのマグロさん、モデルがモリアーティ教授だからそちらの方も期待してしまった。.
  • 私もその昔、殺人貴と赤屍蔵人が戦ったらとか妄想してましたよ… 当時は型月を知ってる人が周りにいなかったのでこういうスレを見かけると何だか嬉しいぞ。. いつも思うんだが、なぜここでは度々赤屍さんや魔眼、というかゲットバッカーズの話がでてくるんだ? なんだ?年齢層か?.

[ ]! GB Twitter .

“ゲットバッカーズ奪還屋って日本のバトル漫画で一番強いらしいけど”のまとめ

通常は手のひらから自在に生み出すメスを武器とし、自身の血や、血が混ざったものはなんでも武器にすることができる。故に百八つの凶器を持つ男とも呼ばれる。 脅威のスピードと回復力を持ち、死は他人事。 次元や空間を切り裂いたり、血から血への移動が可能なほか、血から無限に分身生み出すこともできる。 経験則による的確な読みも合わせてその強さは計り知れず、ラストバトルを経て本人にもやっと底が垣間見えた。 両手のひらと甲、両脇、首の左側面、左肩から胸にかけて傷痕があり、これらは他の傷と違い治る様子がない。手のひらの傷からは自ら血を溢れさせて武器を取り出すような描写が見られる。左上腕には炎を模したような刺青がある。.

奪還屋はすごかったな・・ 何がすごいって 不良漫画とせいぜいスポーツが主流の週刊マガジンで バトル漫画なんてほぼなかったのにぶっちぎりのインフレを遂げたからな しかも キバヤシがMMR、金田一やシュート、GTOの原案を手がけながら のなぜかバトルものにするって時点で意味がわからなかった。 そして 舞台が 新宿の1丁目の一番街の裏通りにある廃墟ビルがメインなのに そこで多次元、平行世界、時間軸が入り混じって 時間軸を支配、乗り越えてさらにバビロン時間を使いながら 大体皆即死能力がかませになるチート能力使って戦うという 頭キバヤシな漫画だった。.

fateがインフレしてるってよりいずれ辿り着く鋼の大地の鱗片に触れる話だし 何より今まで一つの街が舞台だったのが色んな国を周る話になって相対的に規模がでっかくなってるんじゃないかな. 閉じる さらに詳しく.

MAG. JAPAN ID Yahoo. Merem 0 follow. TS .

質問した人からのコメント

最強なぁ・・・個人的にはそんなのわからんと言いたいどんなに差があろうと 条件が常に同じ状況なわけないんだしほんの少しの出来事でもひっくり返る可能性あるし. GBはなんか動物や自然界の力を使う男の子と、黒髪ロングヘアーの美人系の女の子のやり取りが可愛かった記憶。 あの二人は最終的にカップルになれたのかな? あと初めてVita版SN遊んだ時「あれこの声、蛮ちゃん?あれ、蛮ちゃんって事は…熱気バサラ!!?うおおおぉぉぉランサァァァァッッ!!!」ってなったよねぇ、懐かしい.

なつかしいな。 ミスターノーブレーキこと馬車さんが好きだった。 サーヴァントになったらGBの二人の黄金律は絶対にはずせないスキルになるんだろうな. 赤屍は言動とオーラが強さに合ってるからなんの文句ないチートさ 終わっていることに気付かない貴方があまりに滑稽でしたので……はぐう痺れる アニメの声優が飛田さんなのもでかい。.

GB… ….

注目 StayHome 竈門炭治郎 クラウド・ストライフ ディオスクロイ Fate 竈門禰豆子 ティファ・ロックハート 我妻善逸 カイニス Fate 栗花落カナヲ セフィロス. メニュー トップ サイトについて お問い合わせ. 通常は手のひらから自在に生み出すメスを武器とし、自身の血や、血が混ざったものはなんでも武器にすることができる。故に百八つの凶器を持つ男とも呼ばれる。 脅威のスピードと回復力を持ち、死は他人事。 次元や空間を切り裂いたり、血から血への移動が可能なほか、血から無限に分身生み出すこともできる。 経験則による的確な読みも合わせてその強さは計り知れず、ラストバトルを経て本人にもやっと底が垣間見えた。 両手のひらと甲、両脇、首の左側面、左肩から胸にかけて傷痕があり、これらは他の傷と違い治る様子がない。手のひらの傷からは自ら血を溢れさせて武器を取り出すような描写が見られる。左上腕には炎を模したような刺青がある。.

GB ….


Facebook
Twitter
コメント

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2020 markdamanthomas.com 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.