2 大艦 巨砲 主義

発行者: 07.03.2020

Conway's History of the Ship , London: Conway Maritime Press, 30 May 最終更新 年10月4日 金 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー.

またジュッ トラ ンド(ユ トラ ンド) 海 戦の戦訓は、「遠 距離 砲 撃戦における大 角 度で落下する弾を防ぐためには、より一層の装甲化が必要」ということであり、結果として 戦艦 に対する建造・維持 コスト の増大をさらに促した。 戦艦 が実戦ではあまり意味のない 金 食い 虫 であるという認識を各 国 の 海 軍関係者がどれほど共有していたかはともかく、 国家 財政が傾くほど巨額な経費がかかる 戦艦 の建造を抑えるべく、戦間期に 戦艦 の建造は条約によって 規制 されることとなり「 海 軍 休日 」と呼ばれる時期を経て、 第二次大戦 へと至る最後の建艦競争に突入した。 もっとも、この時点で 戦艦 の攻撃手段である 大砲 による攻撃というのは 限界 に達しようとしていたのも 事実 である。すなわち、どれだけ巨 砲 を搭載したとしても観測できる見通し 距離 は 地球 は丸いので 水 平 線を越すことは出来ないという 現実 にぶつかることになった。 観測できない 距離 での 砲 撃を可 能 にするため、 戦艦 に弾着観測用の 航空 観測機を搭載しようという手法も生み出されたが、当時 萌 芽しつつあった 航空機 の集中運用プ ラット フォー ム、すなわち 空母 に搭載されている艦載機によって阻 害 されることは眼に見えていた。 ここで諸外 国 の 海 軍関係者の中から、観測機を蹴散らすための 航空機 に 爆弾 を積めば、より遠 距離 での攻撃が可 能 になるのでは?

そして 超弩級戦艦 の登場によって、 ISBN , p. この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 年5月 ). と 妄想 が膨らんでしまった人のために、「こうくうせんかん」というものがある。. 第二次大戦 が始まると、 タラン ト 空 襲、次いで 真珠湾攻撃 において、 空母 航空 戦 力 が 戦艦 を撃破 しう ることが 証 明された。さらには マレー 沖 で航行中の 戦艦 ・ 巡洋戦艦 が 航空 攻撃によって撃破される事態に至り、 航空 主 兵 理論 は大艦巨砲主義に対する優位を 確立 した。「 戦艦 が 砲 戦 能 力 を発揮するための偵察役」あるいは「偵察役である観測機を撃破する」ためであった 空母 機動部隊の地位が、 主 従逆転したのである。.

[11] [ ] ? 4664,t [12] [ ]. ISBNp.

一般的には、大艦巨砲主義は 海 軍戦略の 航空 主 兵 主 義への転換に伴って終焉をみたとされる。 しかし実際には、それ以前に大艦巨砲主義の没落は始まっていたとする解釈もある。 第一次大戦において ドイツ と 英国 の 戦艦 ・ 巡洋戦艦 隊が入り乱れたジュッ トラ ンド(ユ トラ ンド) 海 戦において発生した予想だにしない中・遠 距離 砲 戦は双方に多大な損 害 をもたらした。 それまで巨費を投じてこつこつと培ってきた 戦艦 がわずか数時間、一日の 砲 戦により 海 の藻 屑 と化す。この 現実 に衝撃を受けたのか、 ドイツ 海 軍は艦隊保全 主 義により傾倒し、艦隊は「 そこにいる だけ」であれば良いと考え、 潜水艦 などを使った 通商破壊 戦に注 力 することなる。対する 英国 は ドイツ の 通商破壊 戦に対して 海 上護衛戦を行っていくことになった(この 背景 には ドイツ と 英国 との戦 力 差があまりにも大きかったということもある)。 これは WW1 の戦いの有様が 国家 能 力 経済 など様々な点 を必要、あるいは阻 害 するための 総力戦 となったため、局所的な 海 上支配権を獲得するための手法として「 海 戦」という方法が コストパフォーマンス に合わなくなってきたと 証 としてみるべきかもしれない。.
  • 一般的には、大艦巨砲主義は 海 軍戦略の 航空 主 兵 主 義への転換に伴って終焉をみたとされる。 しかし実際には、それ以前に大艦巨砲主義の没落は始まっていたとする解釈もある。 第一次大戦において ドイツ と 英国 の 戦艦 ・ 巡洋戦艦 隊が入り乱れたジュッ トラ ンド(ユ トラ ンド) 海 戦において発生した予想だにしない中・遠 距離 砲 戦は双方に多大な損 害 をもたらした。 それまで巨費を投じてこつこつと培ってきた 戦艦 がわずか数時間、一日の 砲 戦により 海 の藻 屑 と化す。この 現実 に衝撃を受けたのか、 ドイツ 海 軍は艦隊保全 主 義により傾倒し、艦隊は「 そこにいる だけ」であれば良いと考え、 潜水艦 などを使った 通商破壊 戦に注 力 することなる。対する 英国 は ドイツ の 通商破壊 戦に対して 海 上護衛戦を行っていくことになった(この 背景 には ドイツ と 英国 との戦 力 差があまりにも大きかったということもある)。 これは WW1 の戦いの有様が 国家 能 力 経済 など様々な点 を必要、あるいは阻 害 するための 総力戦 となったため、局所的な 海 上支配権を獲得するための手法として「 海 戦」という方法が コストパフォーマンス に合わなくなってきたと 証 としてみるべきかもしれない。.
  • 他言語版 한국어 中文 リンクを編集. 日本海軍 が 大和 型 戦艦 を建造したことを「時代錯誤な大艦巨砲主義」と評することもあるが、 大和 建造計画が立案された当時はまだ 航空機 が 主 流ではなかったので、注意が必要である。結果だけを見るならば、 日本海軍 に先見の明がなかったとも言える(その 日本海軍 が前述の 真珠湾攻撃 で 空母 の有 力 性を 世界 に 証 明してしまったのがなんとも皮 肉 )。余談だが、 大和 級三番艦「 信濃 」は建造中に 戦艦 から 空母 に変更されている。.

なお、戦艦が最後に実戦で使われたのは年の 湾岸戦争 。 アイオワ級戦艦 「 ミズーリ 」と「 ウィスコンシン 」が出撃し、一定の戦果を挙げている。. 一方、諸外 国 ではどうだったかというと、 アメリカ では ルー ズベルト 大統領 の 経済 政策による一つとして、 戦艦 建造計画が スタート していた。雇用対策、すなわち 公 共事業としての 戦艦 (だけではなく 空母 まで)量産が行われていたわけで、もはや 国 力 の差はいかんともしがたいものがあり泣ける始末である( 日本海軍 が アメリカ海軍 に対して優越することが出来たのは、開戦の有 無 に関わらず 年前後だというのが 日本海軍 の判断で、この 背景 があったからこそ 山本五十六 の「一年、二年であれば…」という有名な発言につながっている)。 もっとも最後の 戦艦 アイオワ級 は大艦巨砲主義というよりは 日本 の 金剛 級を意識したような 巡洋戦艦 の 進化 型 として誕生している。 英国 では キング・ジョージ5世 級 戦艦 が 戦争 前に建造開始されたものの、生き残った四隻は 戦争 が終わるとあっという間に訓練艦、予備役艦艇扱いとなってしまった。 戦争 中に建造されたのは ヴァンガード 級 戦艦 だけ。さらに言えば ヴァンガード 級の建造 目 的も未使用の 砲 身があったので、もったいないから…というもので、建造されたのは一隻にとどまる(ただし 英国 の 戦艦 技術の 粋 を結集して作られたのはいうまでもない)。.

またジュッ トラ ンド(ユ トラ ンド) 海 戦の戦訓は、「遠 距離 砲 撃戦における大 角 度で落下する弾を防ぐためには、より一層の装甲化が必要」ということであり、結果として 戦艦 に対する建造・維持 コスト の増大をさらに促した。 戦艦 が実戦ではあまり意味のない 金 食い 虫 であるという認識を各 国 の 海 軍関係者がどれほど共有していたかはともかく、 国家 財政が傾くほど巨額な経費がかかる 戦艦 の建造を抑えるべく、戦間期に 戦艦 の建造は条約によって 規制 されることとなり「 海 軍 休日 」と呼ばれる時期を経て、 第二次大戦 へと至る最後の建艦競争に突入した。 もっとも、この時点で 戦艦 の攻撃手段である 大砲 による攻撃というのは 限界 に達しようとしていたのも 事実 である。すなわち、どれだけ巨 砲 を搭載したとしても観測できる見通し 距離 は 地球 は丸いので 水 平 線を越すことは出来ないという 現実 にぶつかることになった。 観測できない 距離 での 砲 撃を可 能 にするため、 戦艦 に弾着観測用の 航空 観測機を搭載しようという手法も生み出されたが、当時 萌 芽しつつあった 航空機 の集中運用プ ラット フォー ム、すなわち 空母 に搭載されている艦載機によって阻 害 されることは眼に見えていた。 ここで諸外 国 の 海 軍関係者の中から、観測機を蹴散らすための 航空機 に 爆弾 を積めば、より遠 距離 での攻撃が可 能 になるのでは?

そもそも、つるん、 ぺた ん、な 航空母艦 ( フラット トップ )よりも豊満でメリ ハリ の利いた 戦艦 の構造そのものにに惹かれてしまう部分があるのは否めない。いや、両方好きですけど。. 戦後、大艦巨砲主義に反対していた日本海軍の航空主兵論者たちは次のように語っている。 源田実 大佐は、海軍が大艦巨砲主義から航空へ切り替えられなかったのは 組織 改革 での犠牲を嫌う職業意識の強さが原因だったと指摘する。「大砲がなかったら自分たちは 失業 するしかない。多分そういうことでしょう。 兵術 思想を変えるということは、単に 兵器 の構成を変えるだけでなく、大艦巨砲主義に立って築かれてきた組織を変えるとことになるわけですから。人情に脆くて波風が立つのを嫌う 日本人 の 性格 では、なかなか難しいことです」と語っている [9] 。 奥宮正武 中佐は、戦艦無用論も含む 航空主兵論 は戦前極端とも見られたが、太平洋戦争の経過がその見通しがほぼ正しかったことを証明したとして、特に航空関係者が嘆いていたのは、大艦巨砲主義の下で作られる戦艦の建造費、維持費など莫大な経費が浪費される割にほぼ戦局に寄与しないことであり、それを航空に回せばより強力なものができると考えていたと語っている [10] 。.

ISBNp. 104 UTC - Cookie. [6] [7]. 72, t 4546 cm 9 71.

否定表現としての”大艦巨砲主義”

大和型は6万トンを超す大艦であり、45口径46cm砲という巨砲を備えた大艦巨砲主義の申し子だった。戦艦との戦闘では優位に立てたはずの大和型も航空機には勝てず、「大和」「武蔵」ともにアメリカ海軍航空母 艦載機 の集中攻撃を受けて沈没した。また大和型の他にも 連合国 ・ 枢軸国 を問わず多数の戦艦が航空機や 潜水艦 の攻撃で沈没した。さらに日本は大和型よりも大型の51cm砲を積む 超大和型戦艦 の建造を予定していた(戦中に計画中止)。ただ、米英仏独ソも35,トン級を凌駕する巨大戦艦の建造を計画はしている。しかし、直後に始まった第二次世界大戦では海軍の主役の座は航空母艦に移った。かつて想定されていたような戦艦同士の砲撃戦はほとんど発生せず、戦艦の役割はもっぱら対地砲撃、 機動部隊 や輸送船団の護衛、あるいは 通商破壊 などとなった。ワシントン条約期間中に建造されたフランス戦艦 ダンケルク級 ( 年 竣工)以後、第二次世界大戦後までの9年間に建造された戦艦は27隻だった。第二次世界大戦前または戦中に建造が開始され、大戦中に アイオワ級戦艦 が4隻就役し、戦後に完成したイギリスの「 ヴァンガード 」とフランスの「 ジャン・バール 」を最後に新たな戦艦は建造されていない。.

かつて 日本海軍 が保有していたが、 年 3月 、 海上自衛隊 が「重 航空 護衛艦 ひゅうが 」として リメイク 。巨 砲 というには 若干 ものたりなくもあるが、せっかく予算を組んで建造してもらったのだから、 ロマン を楽しんでみて欲しい。. シンプル に強く、堅く!を志向する大艦巨砲主義は、 我 々の意識の単純な部分に強く訴 求 する。.

20. [16] .

「大艦巨砲主義」への誤解

戦後、日本海軍の 砲術 出身の大艦巨砲主義者は次のように語っている。 福留繁 中将は「多年戦艦中心の艦隊 訓練 に没頭してきた私の頭は転換できず、 南雲機動部隊 が 真珠湾攻撃 に偉効を奏したのちもなお、機動部隊は補助作業に任ずべきもので、決戦兵力は依然、大艦巨砲を中心とすべきものと考えていた」と反省を語っている [8] 。 黛治夫 大佐は、大艦巨砲が航空主兵に敗れてなお「戦前の想定どおり、砲撃主体の艦隊決戦を挑むべきであった」と生涯主張し続けた。 [ 要出典 ]. そもそも、つるん、 ぺた ん、な 航空母艦 ( フラット トップ )よりも豊満でメリ ハリ の利いた 戦艦 の構造そのものにに惹かれてしまう部分があるのは否めない。いや、両方好きですけど。. 近代戦艦の始祖とされるのは ロイヤル・サブリン級戦艦 である。なお、 年 から順次竣工した マジェスティック級戦艦 が、 他言語版 한국어 中文 リンクを編集.

[5] [ ] [ ]. 104 UTC - Cookie. ISBNp. 64546cm 51cm 35, 927 4.

大艦巨砲主義ニッポン。戦艦何隻建造した?

と 妄想 が膨らんでしまった人のために、「こうくうせんかん」というものがある。. しかし、大艦巨砲主義が覆されたとしても 戦艦 の存在意義が否定されたわけではない。その 砲 撃 力 を生かして沿 岸 砲 撃で活躍した 事実 もある。 金剛 型 ( ガダルカナル ・ヘンダーソン飛行場 砲 撃)、ガングート級( レニングラード 攻囲)、 アメリカ海軍 戦艦 によるノ ルマン ディ上陸 作戦 、 硫黄島 や 沖縄 などの上陸戦で有効な 砲 撃を行っている。陸軍が運用する 大砲 の サイズ はせいぜい口径 mm~ mmであり、これは 駆逐艦 の 主 砲 サイズ といってもいい。かたや 超 弩 級 戦艦 の 主 砲 は mm~ 40 0mm 超 という大きさである。 戦艦 がいかに巨大な 大砲 を扱っているかわかるだろう。 金剛型戦艦 による沿 岸 砲 撃の成果は一個師団に匹敵する、という報告があがるのもむべなるかな、ということだ。 大 戦後 も、 米海軍 は アイオワ級 を 戦争 のたびに沿 岸 砲 撃用に引っ 張 り出し、後に トマホーク や CIWS を搭載する 魔改造 を やらかした 。 お前 はどこのウォー シップ コマ ンダーだ。 もっとも、当時は トマホーク を集中運用するプ ラット フォー ムがなく、「 戦艦 引っ 張 りだすならついでに乗せちゃえば?

その機動部隊と(陸上) 基地 航空兵力は、 ギルバート・マーシャル諸島の戦い 、 マリアナ沖海戦 、 台湾沖航空戦 など戦いで全く戦果を挙げることなく大打撃を受けた。レイテ沖海戦に参加した 小沢 機動部隊にもはや攻撃力はなく、 囮 部隊として壊滅した。同作戦でレイテ湾に突入するはずだった戦艦部隊は目的を達しないまま反転し、その過程で大和型戦艦「武蔵」が 航空攻撃 によって 撃沈 された。翌年4月には、沖縄に向かう大和がこれも航空攻撃によって撃沈され( 坊ノ岬沖海戦 )、日本海軍は大艦巨砲と航空主兵双方がアメリカ海軍の航空主体の物量に敗れる形で終焉を迎えた。.

[1] [2] [3] ? 72, t 5016 125 2.


Facebook
Twitter
コメント
Hiro 14.03.2020 06:48 答える

他国より大型の戦艦に巨大な主砲を搭載するという文字どおりの大艦巨砲主義は、 ワシントン海軍軍縮条約 明け後には終焉した。主砲口径の増大には歯止めがかかり、前代と同程度、あるいはやや小型化した主砲の採用例が多くなった。これは ユトランド沖海戦 の戦訓を元に、速力・防御力とのバランスの取れた戦艦の設計が重要視されたからである。これ以前の戦艦は速度を、巡洋戦艦は防御力を妥協して 排水量 を抑えていたが、そのような設計の問題点が明らかになった。そこで速力も防御力もともに優れたポスト・ジュットランド艦(高速戦艦)が建造されたが、必然的に排水量も増え、主砲口径の増大を諦めざるを得なかった。例外的に主砲口径を増大させた日本の 大和型戦艦 は、排水量を抑えるための過度の集中防御と速力不足を問題視する見解もある。航空機の発達と実績により 第二次世界大戦 中に航空機の優位が確立、 航空主兵論 の台頭が戦艦時代の終わりを告げる事となり、大和型(72, t 45口径46 cm 9門)と同等の モンタナ級戦艦 (71, t 50口径16インチ砲 12門)全5隻が 年 に建造中止された事をもって大艦巨砲主義は終焉を迎え、その後竣工した アイオワ級戦艦 や ヴァンガード 戦艦 や ジャン・バール 戦艦・2代 などもそれ以前に起工したものであり、以後戦艦の新造は行われていない。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2020 markdamanthomas.com 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.