ア クリスマス キャロル 感想

29.08.2020
359

要約 金に汚い根性の曲がった爺さんが、クリスマスを境に心を入れ替える話 スクルージ(以下、爺)はクラチットという男を安い給料でこき使っていた クリスマスを明日に控えたある日、爺はいつものようにろくでなしっぷりを発揮していた 自宅に帰ると3人の幽霊が現れた その幽霊は過去、現在、未来を見せてくれる幽霊だった 過去の幽霊は若かりし頃の爺の姿を見せる まだ根性が曲がってなく、純粋だった頃の自分 第2の幽霊は現在を見せる 見えたのは自身がこき使っているクラチットの家庭 クラチットの貧しいながらも明るく生きる家族の姿と身体が悪く長く行きられない末っ子の姿をみる 第3の幽霊は未来を見せる 見えた未来は強欲のままの人生を歩んだ自身の末路 誰からも見捨てられ、忘れられ荒れ果てた墓に刻まれる自身の名前 そしてクラチットの末っ子も死んだ未来 第1の過去の幽霊にあって見た光景で「自身は今のような自分勝手で強欲な人間ではなかった」ことを思い出す 第2の現在の幽霊にあったことで自身が雇ってこき使っているクラチットがどういう生活を送らざるを得なくなっているのかを知る 第3の未来の幽霊に見せられた光景で 自身がこころを入れ替えることで悲惨な未来を変えられることを知る そしてクリスマスを迎え爺は心を入れ替える 今までの強欲で自分勝手な生き方を改め、クラチットの家族にも支援をする この話は悪い今を改めて人に愛される生き方をすることでよりより未来を生み出すことができる という教訓を与える話.

ここでは、それぞれの登場人物の性格などを紹介していきます。 スクルージ 金儲け一筋で、思いやりのカケラもない老人。そんな生き方をしてきたわけですから、当然みんなからは嫌われています。 側にいたのは、共同経営者であるマーレイですが、彼のお葬式の副葬品のお金でさえ持って帰ってしまうというのには、ついつい呆れ果てます。 マーレイ スクルージの、かつての共同経営者。幽霊となって、彼に生き方を変えるように進言するなど、心配してくれている様子が見られます。 フレッド スクルージの甥。クリスマスにはわざわざおじさんの家を訪ねて、ともにクリスマスのお祝いをしようと誘ったりもします。スクルージは、もちろん断るのですが……。 マーレイとフレッドの存在が、強欲で救いようのないスクルージの性格に、まだ改善の余地があるという一縷の望みがあることを示唆しているのではないでしょうか。.

名作ゆえに、『クリスマス・キャロル』のストーリーは誰もが知っていると思う。多くは、子どもの頃に絵本で読んだり、映像作品を観たりした経験があると思う。子供に「こういう大人になってはいけない」という教訓として読めるが、大人になって観てもいろいろ気付かされることがあると思う。 キリスト教圏では、クリスマスは家族と過ごすのが一般的だと思うので、独り身でクリスマスを忌々しく思って過ごすスクルージはさぞ奇異であろう。雪も降るクリスマス・イヴの夜に、明かりもつけず、暖炉を暖めることもせず、暖かいのかもよくわからないまずそうなスープをすするスクルージの姿はあまりにもひどい。 クリスマスは家族と過ごすもの、という考えのない日本人から見て、どう思うかはわからないが、クリスマスがどうというところはともかく、身につまされるところがあるように思う。 人が変わるのに遅いことはない。この物語に描かれるそれはファンタジーで子供向けだが、大人が観て、自分の生活を改めて振り返るきっかけになると思う。.

クリスマス一色に染まる街を忌々しそうに歩き、帰途に就いたスクルージだったが、暗闇の中で自分の名を呼ぶ声が聞こえることに気付く。 それは家の中に入っても同じで、鍵という鍵を閉めて用心したはずなのに、鍵は勝手に空き、声の主が現れた。 それは、かつてスクルージと共に働いていたマーレイという男だった。幽霊となって現れたマーレイは、体中に鎖が巻き付き、いくつものおもりを付けていた。マーレイは、生前の行いによってがんじがらめになったという。スクルージと同様血も涙もなく金を稼ぐことだけを考えて生きていたマーレイは、死んでやっと自分が生きる上で最も大事なことをことごとく拒絶し、自らを不幸にしていたことに気付いたのだった。マーレイは、同じく鎖にがんじがらめにされているスクルージに忠告しに来たのだった。.

スクルージ クリスマスキャロル クラチット 要約 幽霊 感想文4枚半以上 爺. このカテゴリの回答受付中の質問 一覧を見る. クリスマスキャロルという本の感想文4枚半以上かかないといけないんですけど、3回読んでも意味がわかりません。もしよろしければ誰か助けてくれませんか?? 本当にお願いしたいと思います できれば文がほしいですが、要約でもいいのでお願いしたいです。夜遅くすみません、お願いします 共感した 0. 映画『クリスマス・キャロル 』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには 2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。 無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!. アイコンの説明 知恵コイン 画像投稿.

3 0. honcierge.

  • 目覚めると、クリスマスの朝だった。昨夜の不思議なできごとを教訓にしてスクルージは変わることを決意する。クラチットの家には七面鳥を贈り、再び会った寄付金を募る男には多額の寄付金を払うと約束。その後フレッドの自宅を訪ね、今までのことを詫びて今夜のディナーに行くことを告げる。 翌日、スクルージはクラチットの給料を倍にすると宣言。その後彼はティムの二番目の父親といえる存在になるのだった。. 要約 金に汚い根性の曲がった爺さんが、クリスマスを境に心を入れ替える話 スクルージ(以下、爺)はクラチットという男を安い給料でこき使っていた クリスマスを明日に控えたある日、爺はいつものようにろくでなしっぷりを発揮していた 自宅に帰ると3人の幽霊が現れた その幽霊は過去、現在、未来を見せてくれる幽霊だった 過去の幽霊は若かりし頃の爺の姿を見せる まだ根性が曲がってなく、純粋だった頃の自分 第2の幽霊は現在を見せる 見えたのは自身がこき使っているクラチットの家庭 クラチットの貧しいながらも明るく生きる家族の姿と身体が悪く長く行きられない末っ子の姿をみる 第3の幽霊は未来を見せる 見えた未来は強欲のままの人生を歩んだ自身の末路 誰からも見捨てられ、忘れられ荒れ果てた墓に刻まれる自身の名前 そしてクラチットの末っ子も死んだ未来 第1の過去の幽霊にあって見た光景で「自身は今のような自分勝手で強欲な人間ではなかった」ことを思い出す 第2の現在の幽霊にあったことで自身が雇ってこき使っているクラチットがどういう生活を送らざるを得なくなっているのかを知る 第3の未来の幽霊に見せられた光景で 自身がこころを入れ替えることで悲惨な未来を変えられることを知る そしてクリスマスを迎え爺は心を入れ替える 今までの強欲で自分勝手な生き方を改め、クラチットの家族にも支援をする この話は悪い今を改めて人に愛される生き方をすることでよりより未来を生み出すことができる という教訓を与える話.
  • 名作ゆえに、『クリスマス・キャロル』のストーリーは誰もが知っていると思う。多くは、子どもの頃に絵本で読んだり、映像作品を観たりした経験があると思う。子供に「こういう大人になってはいけない」という教訓として読めるが、大人になって観てもいろいろ気付かされることがあると思う。 キリスト教圏では、クリスマスは家族と過ごすのが一般的だと思うので、独り身でクリスマスを忌々しく思って過ごすスクルージはさぞ奇異であろう。雪も降るクリスマス・イヴの夜に、明かりもつけず、暖炉を暖めることもせず、暖かいのかもよくわからないまずそうなスープをすするスクルージの姿はあまりにもひどい。 クリスマスは家族と過ごすもの、という考えのない日本人から見て、どう思うかはわからないが、クリスマスがどうというところはともかく、身につまされるところがあるように思う。 人が変わるのに遅いことはない。この物語に描かれるそれはファンタジーで子供向けだが、大人が観て、自分の生活を改めて振り返るきっかけになると思う。. ここでは、それぞれの登場人物の性格などを紹介していきます。 スクルージ 金儲け一筋で、思いやりのカケラもない老人。そんな生き方をしてきたわけですから、当然みんなからは嫌われています。 側にいたのは、共同経営者であるマーレイですが、彼のお葬式の副葬品のお金でさえ持って帰ってしまうというのには、ついつい呆れ果てます。 マーレイ スクルージの、かつての共同経営者。幽霊となって、彼に生き方を変えるように進言するなど、心配してくれている様子が見られます。 フレッド スクルージの甥。クリスマスにはわざわざおじさんの家を訪ねて、ともにクリスマスのお祝いをしようと誘ったりもします。スクルージは、もちろん断るのですが……。 マーレイとフレッドの存在が、強欲で救いようのないスクルージの性格に、まだ改善の余地があるという一縷の望みがあることを示唆しているのではないでしょうか。.

おすすめ小説一覧 本まとめ記事一覧 このユーザーの記事. クリスマス・キャロル の概要:『クリスマス・キャロル()』は、チャールズ・ディケンズの名作小説を原作とするアメリカのテレビ映画。裕福だが吝嗇家で、クリスマスを「くだらない」と吐き捨てる男が、クリスマス・イヴの夜のある体験をきっかけに変わる。. 本作が世に出た時代のイギリスは、産業革命の急速な発展により、それによって生み出された失業などによる貧困や、さまざまな問題を抱えていました。人々の心はすさみ、クリスマスといえども、それを喜んだり祝ったりという気持ちは起こらなかったのです。 クリスマスツリーを飾る家もほとんどなく、ご馳走を食べる経済的な余裕もなく、人を思いやる心の余裕も、もはやありませんでした。 そんな時出版されたのが『クリスマス・キャロル』。当時の人々の心の奥底にある気持ちを揺り動かした本作は、爆発的なヒットとなりました。 スクルージは、まさに富んでいるイギリスという社会と、裕福な人の象徴でした。この本をきっかけに自らをスクルージととらえ、人々のなかに思いやりが芽生え始めたのです。クリスマスを祝うという心の余裕と、幸せを見つけ始めたといえます。 現在のクリスマスの華やかさは本作のおかげという部分もあるのかもしれません。.

半信半疑だったスクルージだったが、マーレイの姿を見て恐ろしさを感じていた。 予告通り、まず深夜1時に一人目の幽霊がやってきた。女性の姿をした光り輝く幽霊は、「過去のクリスマスの幽霊」だという。幽霊はスクルージを過去に連れていき、幼少期のあるクリスマス、少年期のクリスマス、そして楽しかった青年期のクリスマスを見せ、まだ愛や夢や希望を持っていた頃の心を思い出させた。しかし、幸せな思い出だけではない。スクルージは、愛していた恋人をすれ違いから失っていた。もしかしたら自分が手にするかもしれなかった、現在の元恋人とその家族の姿を目の当たりにし、スクルージは心を乱す。. 本当にお願いしたいと思います できれば文がほしいですが、要約でもいいのでお願いしたいです。夜遅くすみません、お願いします. このカテゴリの回答受付中の質問 一覧を見る. ここでは、それぞれの登場人物の性格などを紹介していきます。 スクルージ 金儲け一筋で、思いやりのカケラもない老人。そんな生き方をしてきたわけですから、当然みんなからは嫌われています。 側にいたのは、共同経営者であるマーレイですが、彼のお葬式の副葬品のお金でさえ持って帰ってしまうというのには、ついつい呆れ果てます。 マーレイ スクルージの、かつての共同経営者。幽霊となって、彼に生き方を変えるように進言するなど、心配してくれている様子が見られます。 フレッド スクルージの甥。クリスマスにはわざわざおじさんの家を訪ねて、ともにクリスマスのお祝いをしようと誘ったりもします。スクルージは、もちろん断るのですが……。 マーレイとフレッドの存在が、強欲で救いようのないスクルージの性格に、まだ改善の余地があるという一縷の望みがあることを示唆しているのではないでしょうか。.

3 0. ……. 231 .

目のつけどころを考えよう

すべてのカテゴリ 読書. 要約 金に汚い根性の曲がった爺さんが、クリスマスを境に心を入れ替える話 スクルージ(以下、爺)はクラチットという男を安い給料でこき使っていた クリスマスを明日に控えたある日、爺はいつものようにろくでなしっぷりを発揮していた 自宅に帰ると3人の幽霊が現れた その幽霊は過去、現在、未来を見せてくれる幽霊だった 過去の幽霊は若かりし頃の爺の姿を見せる まだ根性が曲がってなく、純粋だった頃の自分 第2の幽霊は現在を見せる 見えたのは自身がこき使っているクラチットの家庭 クラチットの貧しいながらも明るく生きる家族の姿と身体が悪く長く行きられない末っ子の姿をみる 第3の幽霊は未来を見せる 見えた未来は強欲のままの人生を歩んだ自身の末路 誰からも見捨てられ、忘れられ荒れ果てた墓に刻まれる自身の名前 そしてクラチットの末っ子も死んだ未来 第1の過去の幽霊にあって見た光景で「自身は今のような自分勝手で強欲な人間ではなかった」ことを思い出す 第2の現在の幽霊にあったことで自身が雇ってこき使っているクラチットがどういう生活を送らざるを得なくなっているのかを知る 第3の未来の幽霊に見せられた光景で 自身がこころを入れ替えることで悲惨な未来を変えられることを知る そしてクリスマスを迎え爺は心を入れ替える 今までの強欲で自分勝手な生き方を改め、クラチットの家族にも支援をする この話は悪い今を改めて人に愛される生き方をすることでよりより未来を生み出すことができる という教訓を与える話 ナイス 1 違反報告.

専門家が解決した質問 一覧を見る.

JAPAN IDを暗号化するなど、個人を特定することができない情報に処理したうえで投稿内容、投稿日時などの投稿に関する情報を大学、独立行政法人などの研究機関に提供します。 Yahoo! 読書 1 コロナウイルスの影響 から、書 このカテゴリの回答受付中の質問 一覧を見る.

JAPAN ID Yahoo. …… .

ベストアンサーに選ばれた回答

おすすめ小説 本棚ストーリー. 専門家が解決した質問 一覧を見る. ホンシェルジュ honcierge. 要約 金に汚い根性の曲がった爺さんが、クリスマスを境に心を入れ替える話 スクルージ(以下、爺)はクラチットという男を安い給料でこき使っていた クリスマスを明日に控えたある日、爺はいつものようにろくでなしっぷりを発揮していた 自宅に帰ると3人の幽霊が現れた その幽霊は過去、現在、未来を見せてくれる幽霊だった 過去の幽霊は若かりし頃の爺の姿を見せる まだ根性が曲がってなく、純粋だった頃の自分 第2の幽霊は現在を見せる 見えたのは自身がこき使っているクラチットの家庭 クラチットの貧しいながらも明るく生きる家族の姿と身体が悪く長く行きられない末っ子の姿をみる 第3の幽霊は未来を見せる 見えた未来は強欲のままの人生を歩んだ自身の末路 誰からも見捨てられ、忘れられ荒れ果てた墓に刻まれる自身の名前 そしてクラチットの末っ子も死んだ未来 第1の過去の幽霊にあって見た光景で「自身は今のような自分勝手で強欲な人間ではなかった」ことを思い出す 第2の現在の幽霊にあったことで自身が雇ってこき使っているクラチットがどういう生活を送らざるを得なくなっているのかを知る 第3の未来の幽霊に見せられた光景で 自身がこころを入れ替えることで悲惨な未来を変えられることを知る そしてクリスマスを迎え爺は心を入れ替える 今までの強欲で自分勝手な生き方を改め、クラチットの家族にも支援をする この話は悪い今を改めて人に愛される生き方をすることでよりより未来を生み出すことができる という教訓を与える話.

U-NEXT TSUTAYA TV.

  • コブラ コラ メンテ
  • ジャンプ力ぅ… ですかねぇ
  • 赤ちゃん ベッド 転落 頭
  • ドッカン バトル ドッカン