アフガニスタン 紛争 原因

23.08.2020
220

イラク戦争 - ワジリスタン紛争 - タイ南部紛争 ( 英語版 ) - レバノン侵攻 - ガザ紛争 年年 - ウサーマ・ビン・ラーディンの殺害 - 生来の決意作戦 - ロシア連邦航空宇宙軍によるシリア空爆 - ロシア軍爆撃機撃墜事件. org 年9月12日.

アフガン 映画. アメリカ合衆国のオバマ大統領は年の増派の際、年7月から撤退を始めると決めていた。撤退開始が間近に迫った5月、アメリカ軍の 特殊部隊 がパキスタンの首都 イスラマバード 郊外の アボタバード にあった邸宅を急襲し、 ウサーマ・ビン・ラーディンを殺害 した。一方、「掃討・堅守・建設・転移」戦略の進展は思わしくなかった。ターリバーンはアメリカ軍と互角の戦いを行い、カルザイ政権の汚職は改善せず、アフガニスタン軍の規模拡大も計画通りには進まなかった [76] 。. 同年、パキスタンではパキスタンの特殊部隊がハッカニー・ネットワークの複数の拠点を攻撃したことに地元武装勢力が反発したことなどにより [47] 、パキスタン軍の被害が増大した [39] 。ハッカニー・ネットワークは北ワジリスタンの ミランシャー 郊外のダンデ・ダルパヘイルにある大規模な神学校を拠点にしている [47] 。パキスタン軍は 北西辺境州 のオークラザイ知事の提案で、ワジリスタンの部族長やターリバーン、外国人戦闘員と和平協定を結んだ(ワジリスタン和平合意) [47] 。パキスタン軍は連邦直轄部族地域から撤退したので、ターリバーンはアフガニスタンに自由に越境できるようになった [47] 。パキスタン政府は数千人の戦闘員を擁し政府に対して好戦的な マスード族 に対抗するために、ワズィール族と手を結ぼうとしていた [47] 。一方、パキスタンの 軍統合情報局 (ISI)はISAFの展開はアメリカ軍撤退の兆しであると考え、アメリカ撤退後のターリバーン政権の樹立について真剣に考えていたという意見がある [47] 。アメリカでは 中間選挙 で 民主党 が勝利し、アフガニスタンに対する予算がようやく増加した [47] 。.

html 年3月21日 閲覧。. アル・カーイダの攻撃は引き続き起こり、年10月には 米艦コール襲撃事件 が発生した。このため12月に 国際連合安全保障理事会決議 [14] が採択され、再度アル・カーイダの引き渡しが求められたがターリバーン政権はこれにも従わなかった。ターリバーンとしては、アフガニスタンの客人歓待の伝統、ウサマ・ビン・ラーディンからの資金援助等の事情から、犯罪の証拠が示されることなく、ウサマ・ビン・ラーディンを引き渡すことはできなかった [15] 。. 政治的暴力 en 毛沢東主義の反乱 en 革命的人民解放党・戦線の反乱 en トルコ・クルド紛争 トルコとISILの対立 en.

[47] [39] [47] [47] [47] [47] ISIISAF [47] [47]アフガニスタン 紛争 原因. - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - アフガニスタン 紛争 原因 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -.

[27] [27] [27] [27] [27] [27] [27] [27] .

アフガン 乳児用品. com 年11月28日.

関連語をあわせて調べる

AFP BBNews 年4月19日. ロンドン同時爆破事件 - バリ島爆弾テロ事件 2 - 年アンマン自爆テロ - ムンバイ列車爆破事件 - パキスタン・モスク立てこもり事件 - 年ターリバーン韓国人拉致事件 - アフガニスタン日本人拉致事件 - 年デンマーク大使館爆発事件 パキスタン - イスラマバード・マリオット・ホテル爆破テロ事件 - ムンバイ同時多発テロ. 他のプロジェクト コモンズ. この記事は、ウィキペディアのアフガニスタン紛争 年- 改訂履歴 の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書 に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。.

パキスタンではパキスタン・ターリバーンが首都からキロの スワート地区 を占領した [59] 。 軍統合情報局 (ISI)が後援するカシミール過激派はインドとの戦いを続けていた( ムンバイ同時多発テロ )。アルカーイダは連邦直轄部族地域でパキスタン・ターリバーンとも連携を取り、両国のターリバーンと行動を共にするようになった [59] 。アメリカ軍は無人攻撃機や特殊部隊を使って連邦直轄部族地域のアルカーイダを攻撃したが、アルカーイダも イスラマバード・マリオット・ホテル爆破テロ事件 などで反撃した [59] 。また無人攻撃機の活用により民間人の被害が急増した。事態は緊迫し、もはや単なるテロ対策ではなく反乱鎮圧を真剣に行う必要があるとアメリカも認めざるを得なかった。一方、イラクでは戦争がようやく落ち着きつつあった。 アメリカ大統領選挙 ではオバマ候補がアフガニスタンへの関与を拡大する考えを示し、アメリカ軍も新大統領の下で増派を行う決意を固めた [59] 。. 同年4月、 ジンナー国際空港に対する攻撃 の報復として、パキスタン軍が北ワジリスタンを攻撃した( Zarb-e-Azb 作戦)。12月、パキスタン・ターリバーンは軍が運営する学校を襲撃し、人以上の生徒を殺害した( 年ペシャーワル学校襲撃事件 ) [85] 。.

表示 閲覧 編集 履歴表示.

  • 便利な機能 ・ ウェブリオのアプリ ・ 画像から探す. アルカーイダ - ISIL - アブ・サヤフ - ヒズボラ - ハマース - アル・シャバブ - ジェマ・イスラミア - ターリバーン - パタニ連合解放組織 - ラシュカレトイバ - 世界イスラーム戦線 - ウズベキスタン・イスラム運動 - パキスタン・ターリバーン運動 - イスラーム・マグリブのアル=カーイダ機構.
  • reuters 年8月22日.

- - -  -. 1221 UTC - Cookie. Pajhwok アフガニスタン 紛争 原因 News 105. com 107. en en - en! en en en en en en en en en.

2019年現在もなお紛争が長引いている国、危険な国や地域とは

第三次台湾海峡危機 朝鮮半島の紛争 en 北朝鮮と韓国の国境事件 en 北朝鮮危機 新疆紛争 年代-現在 en. アルカーイダ - ISIL - アブ・サヤフ - ヒズボラ - ハマース - アル・シャバブ - ジェマ・イスラミア - ターリバーン - パタニ連合解放組織 - ラシュカレトイバ - 世界イスラーム戦線 - ウズベキスタン・イスラム運動 - パキスタン・ターリバーン運動 - イスラーム・マグリブのアル=カーイダ機構. 表示 閲覧 編集 履歴表示.

com 107. en en. en en en ISIL en. NATO -. 75 [76] .

アフガニスタン戦争の第一次から第三次までの経緯を解説

案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン. 同年5月、パキスタンは 連邦直轄部族地域 を廃止し、 カイバル・パクトゥンクワ州 に併合した。国連によると 連邦直轄部族地域 に対する軍事作戦により、アルカーイダ系の武装集団がアフガニスタンに退避した。年現在アフガニスタンには1万人~1万人の外国人戦闘員が居り、そのうちアルカーイダは人~人だった。アルカーイダはターリバーンの保護の下で ザーブル州 に訓練基地を設けており、ウサマ・ビン・ラディンの息子 ハムザ・ビン・ラーディン に統率されている部隊もあった [] 。同年6月、アメリカ軍はパキスタン・ターリバーンの指導者 マウラナ・ファズルッラー をアフガニスタン領内で空爆し殺害した [] 。.

パレスチナ問題 現在 第2次インティファーダ en ガザ・イスラエル紛争 現在 en イスラエル・レバノン紛争 現在 en 南レバノン紛争 en レバノン侵攻

  • この決議は9月11日のテロ攻撃を「国際の平和及び安全に対する脅威」と認め、「テロリズムに対してあらゆる手段を用いて闘う」というものであった。また前段には「個別的又は集団的自衛の固有の権利を認識」という言葉があり、これは同日に NATO が創設以来初めての 北大西洋条約 第5条の 集団防衛 条項による 集団的自衛権 の発動を決定する根拠となった。 開戦の正当性に対する論議 。.
  • アメリカ合衆国 - フランス - ロシア - トルコ  - イラン.
  • ご利用にあたって ・ Weblio辞書とは ・ 検索の仕方 ・ ヘルプ ・ 利用規約 ・ プライバシーポリシー ・ サイトマップ.
  • 対テロ戦争 生来の決意作戦 アラブの春 アラブの冬 色の革命.

[54] [55]. - 1 - - - -. Weblio Weblio IT アフガニスタン 紛争 原因. - - -. AFP BBNews 713? AFP BBNews 419? 1221 UTC - Cookie. UNHCR 1110.

あわせてお読みください

ネパールの紛争 ネパール内戦 王族殺害事件 スリランカ内戦 カシミール紛争 現在 インド・パキスタン国境衝突 en インド・パキスタン国境衝突 en インド・パキスタン国境衝突 en カルギル戦争 en ジャンムー・カシミールの反乱 現在 en インド北東部の反乱 現在 en ナクサライト・毛沢東主義派の反乱 現在 en アフガニスタンとパキスタンの衝突 en アフガニスタン紛争 現在 ワジリスタン紛争 現在 バロチスタンの反乱 現在 en.

他のプロジェクト コモンズ. アメリカは イギリス ・ フランス ・ カナダ ・ ドイツ 等と共同でアフガニスタンに攻撃を行った。これは 国際連合憲章 に定められた 国連軍 ではなく、国連憲章第51条によって定められ、事前に国連決議を必要としない 集団的自衛権 の発動によるという論理であった。この論理は 米州機構 、 EU 、そして 日本 を含む同盟国と法学者に広く認められた [23] 。. パキスタンではパキスタン・ターリバーンが首都からキロの スワート地区 を占領した [59] 。 軍統合情報局 (ISI)が後援するカシミール過激派はインドとの戦いを続けていた( ムンバイ同時多発テロ )。アルカーイダは連邦直轄部族地域でパキスタン・ターリバーンとも連携を取り、両国のターリバーンと行動を共にするようになった [59] 。アメリカ軍は無人攻撃機や特殊部隊を使って連邦直轄部族地域のアルカーイダを攻撃したが、アルカーイダも イスラマバード・マリオット・ホテル爆破テロ事件 などで反撃した [59] 。また無人攻撃機の活用により民間人の被害が急増した。事態は緊迫し、もはや単なるテロ対策ではなく反乱鎮圧を真剣に行う必要があるとアメリカも認めざるを得なかった。一方、イラクでは戦争がようやく落ち着きつつあった。 アメリカ大統領選挙 ではオバマ候補がアフガニスタンへの関与を拡大する考えを示し、アメリカ軍も新大統領の下で増派を行う決意を固めた [59] 。.

en en - en. : Wikipedia. The New York Times.

  • 真面目 に 仕事 馬鹿らしい
  • 学校で性春 総集編3
  • 顔 偏差値 女
  • 理 名前 読み方 女