らく 魔女 小説 チトフウ

発行者: 03.03.2020

ラブライブの。 あってなかったらすんません。 【凛ちゃん】 最近きてない? アベルらくだい魔女がイラスト付きでわかる らくだい魔女シリーズの登場人物メイン画像左側の人物 ぼくらは闇の力になんて負けない ボクたちのむすめに生まれてきてくれて. ゆきなな 雪菜 久しぶりっ!!

w』 先生の声では無く、クラスメイトからの失礼な声が聞こえてきた。 「ハッ! 簡単に自己紹介します 名前:悠里 ゆうり 年齢 中3 誕生日月24日 性別:女 好き:アニメ、声優、ボカロ、可愛いもの、音楽など 簡単すぎましたかねw具体的に言うとなればアニメは黒バス、ハイキュー、ノラガミ、デュラララや薄桜鬼などですw 声優は福山潤さんとか戸松遥さんとか神谷浩史さんとか鈴村さん、花澤さん阿澄さん…その他もろもろ 音楽ではボカロとアニソンですね 小説も次回? 小説も書いていこうと思います。 短編なものにしようと思っています。 気軽に話しかけてくれると嬉しいです! あの。もう大丈夫ですよ。」 そういって、女の子を立たせてあげる。 「あ、ありがとうございました! 遠巻きに騒いでる女の子達は、頬をピンク色に染めてチトセくんをうっとりと眺めている。 こういう所を見ると、やっぱりチトセくんは女の子達に人気なんだなと嫌でも分かってしまう。 中等部の頃からモテてはいたけど、高等部に入ってからは中等部の頃の比では無いくらいモテてる。 そう だが確かにその通りだった。中学生の頃、ろくでもない男だった千歳は気に入れば付き合い飽きれば捨てるの毎日だったのだ。 でもそれは、過去の話だ。 「俺、別にもうそんなんじゃ無いんで。」 そう言って立ち去ろうとする千歳の行く手を塞いで女が立ちはだかる。 「じゃあ昔はやっぱりそうだったんでしょ?

アオハ 久しぶりっ!!

…7 5… 52 ….

二次創作小説(紙ほか)

ユウ 青の城、チトセの護衛的な存在 護衛役が仕事。 金の為ならって感じです。 性格はボーイッシュ。 口調も男、見た目も男。 目上でも関係ない、 敬語はふざけでしか使わない。 自分の呼び方もふざけで変わる。 だが心は乙女! 起きろっ」 お願いだ,,,起きてくれ,,,まだ,,,俺は お前に,,,,,,何もしてやれてない,,,, 俺の目から大粒の涙がボタボタとこぼれ、 フウカの制服をぬらしていく。 すると、フウカの指がピクッと動いた。 「っ,,,ん,」 「フウカ!!

はーい。約束通り、小説かくねー。 オリジナル でわ。スタート。 【名探偵はまほう使い!? 評価ちゃん 最近、ちょっといろいろあって、 小説書けなくなっちゃってたの。 親にお前のやってることは 単なる遊びだって言われちゃってw 自分が一番頑張っていることを 遊びだって言われちゃってね……。 ショック受けて手が動かなくなってました。 今は回復したよ~ 平和、かぁ~ 活かし方の問題……。 自分で見つけられるように頑張る!!

今回も外れだ」 男の鞄には大量の想い出が入っていた。 恐らくこれらよりも脅して得る金の方がでかいと思ったのだろう。 首から上が無くなっても尚その手に握り続ける書物を乱雑にとり 印のつけてあるページを破り取った後、男の飲みかけだった珈琲に丁寧に浸していく。 「何百年ぶりの掃除か」 緑髪の少年はそう言って笑うと店の外の看板を【close】にするため ドアノブに手をかけた。 今日も彼はたったひとつの想い出を探すため、静かに息を潜めている。. 先生がみんなを静かにさせる。 何で、今日はこんなにさわがしいかと言うと、転校生が来るからだ。 「どんな子だろ~」「んー、可愛い子とか? 小説の続き~ 彼女の名前は真冬というらしい。 詳しいことは教えてくれなかったが、氷の国の外から旅に来たのだそうだ。 「美味しい……」 彼女はまるで初めて美味しいものを食べたかのような表情で料理を眺めている。 「そう?

  • いや、ね。書きたかったと言うか、書いてみたかったと言うか。 うんん、あの、チトセファンの皆さま方、本当にすみませんでした。 ねむたまとろろ. バッ これでやっと・・・!
  • タイトルは、 「らくだい魔女と謎の城」 主人公フウカ! 私からチトセ様に渡しておきますわ」 ニコニコとひきつった笑顔でクッキーを受けとる。 さっきセシルと作ったって言ってたけど、もう色が怪しい。明日の腹が心配だ。 これから家に帰ってこれを食べるのか、と思うともうすでに憂鬱だ。 「あ、あとさ!

[] w. … ….

はーい。らぁらです。 約束通り小説書きます。 【名探ていは、まほう使い!? 笑 最初のほうにも書いたけど……遅くなってごめんね~~~!! えっと、チトセとカリンとね、またオオカミ の森に行ったんだけど、前はなかった異空間トンネルがあって! 私は、良いと思います。らくだい魔女以外の小説を書いても。 理由としては、頼りないですが、らくだい魔女を好きな人が書く小説なら何でも良いんじゃないか、と思ったからです。 だって、最初に、編集者さんは「らくだい魔女に関する小説」とおおまかにしか書いていないわけですし、らくだい魔女が好きな私達はすでにらくだい魔女に関しているわけだから、そんな私達が小説を書けば、たとえそれがらくだい魔女の小説でなくとも、らくだい魔女に関する小説になるわけです。 ど新人が何抜かしてんだ て思われるかたばかりだと察します。ごめんなさい。.

… ……………… …. - - Yahoo.

夢小説こつこつ書きます。

けっこう青い鳥文庫が好きな んですが、らく魔女はポプラ 社なのでここらへんでストッ プです 好きなもの ラブライブ! マークだらけだった。 ・・・・・・素直な子・・・・・・ だけど、私が 「だれ? う~んおはよー・・・・・・。 ん?

--2. Dear. …44 …… !

二次創作小説(紙ほか)

遠くの方で、ふうかちゃんの声が聞こえた気がした。 たくさんの謎の渦に吸い込まれていくように、私の意識は遠のいていった。 ~つづく. ほとんどもうそうとか入ってて意味とか変わってたりしていたら申し訳ありません。。。 イメージをこわしてしまっていましたら申し訳ありません。。。 今まで読んでくださった方々 本当にありがとうございました!!! タイトルは、「落第魔女と秘密の二人です」 デワデワ~小説、スタート! 助けを求めたいのに 手を握ることすら許されない真の孤独が!

by side w .


Facebook
Twitter
コメント
Takai 13.03.2020 10:21 答える

おもしろかったです。 いっきに、わ~っと読んでしまいました。 また、小説を書いてほしいなぁと思いました。 きっと、読んでいる人はたくさんいると思います!!!

Ryu 08.03.2020 08:22 答える

たいして力も入れてないのに門が外れてしまった。 は、外れちゃったよ!

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2020 markdamanthomas.com 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.