だ 駄目だ まだ笑うな こらえるんだ しかし

発行者: 15.06.2020

凄惨な表情で 死亡 した 原作 とは違い、 命乞い せず落ち着いた表情で人知れず 死亡 し、 月 の死をもって 物語 も終了する。. 月は自分への疑いを晴らした上でノートを取り戻すべく、記憶を失った自分すらも利用した計画を立て、それを見事に達成したのである。 ヨツバキラは犠牲になったのだ……。 そしてL達が混乱している最中に、死神 レム を利用してLとワタリをSATSUGAI。 これにより、「新世界の神になる」という野望は一気に現実味を帯びていく。. 余裕を失いつつも、ニアの取る策を予想した上で、ニアとSPK、そして日本捜査本部を一網打尽にする策を進める。 準備が整ったところで、ニアやSPKたちと顔合わせする機会をニアの提案を受ける形で設けた月。そのXデーを静かに待つだけ….

表向きの性格は優しく 家族 想いの好 青年 だが、内面は非常に プライド が高い。どんなに リスク が高い策でも実行に移す度胸と、それを成功させるという自信を持っている。反面、自身と同等の頭 脳 を持つLの登場以降は(L 曰 く自分にそっくりな)負けず嫌いで幼稚な性格、 煽り耐性 がないという内面が露呈していく。. 女性 を見下す節も多々見られ、 学生 時代は計画に利用するだけの 目 的で複数の 彼女 を キープ していた。自分への好意も「扱いやすい女」「女なんて簡単なもんだ」「女を殴りたいと本気で思ったのは生まれて初めてだ」「まったく女というのは…」などとしか思っていない。. CV: 宮野真守 演: 藤原竜也 映画 、 浦井健治・柿澤勇人・村井良大・甲斐翔真 舞台 、窪田正孝 テレビドラマ. 単独で活動していた時は最後まで確 証 を握らせなかった キラ こと 月 だが、終盤にはその 慢心 する性格と殺してきた人たちが 仇 となり、 ニア に確たる 証 拠を突き付けられる。最期は、普段のスマートな振る舞いからは想像できないほど見苦しく、みっともないあがきを見せ、血と泥にまみれ散々 命乞い した末、 リューク の デスノート により 心臓 麻痺 で絶命する。.

杉並 経済 大学 に通い 公務員 就職を 目 指 す 大学生 。 居酒屋 で アルバイト する傍ら イチゴ BERRYの ライブ へ赴くなど、 原作 よりずっと 人間 臭さが 目 立つ 。特に ミサミサ こと 弥海砂 の ファン 。.

2 C. L L L. 19 .

デスノートにより次々と犯罪者を裁いていた彼だが、流石にその異常性を警察やFBI等の司法機関に感づかれてしまう。 結果、世界最高の 名探偵『L』 にマークされ、彼との頭脳戦をする羽目に。.
  • ドラマ版ではもはや別人と呼べるレベルに設定が変わっており、 ドルオタなこと以外は普通の大学生。 ノートで人を殺した後も一時は自殺やノートの放棄も考えるが、止むなき理由 ノートを使った相手の死を喜ぶ声、父・総一郎が凶悪犯罪に巻き込まれてしまう等 が重なった結果、 原作同様ノートによる犯罪者への裁きを行っていく。 天才の素質 所謂「やればできる」 はあるらしく、話が進むに連れ狡猾な面が見えてくるが、根が凡人ゆえに原作の月と比べると詰めが甘い部分も見受けられる。 また、Lに関して「違う形で会っていれば」と友人になり得た可能性に言及するなど、周囲の人間に対して原作版よりも情を抱いて接しており、人間味のある性格となっている。 ある意味、一般人であっても 理由が重なれば キラになり得る例を描いているともいえるだろう。. ノート の 能 力 と 天才 的な頭 脳 、整った容姿、優れた人心 掌 握術、抜群の演技 力 を駆使し、 凶 悪 犯罪者 を意図的に同じ 死因 ( 心臓 麻痺 )で大量に殺 害 。世間に 心臓 麻痺 で人を殺せる者、俗称「 キラ ( KIRA ) 」の存在を認知させ、 新世界の神 になろうと企むが、 探偵 Lの挑発や居場所の 指 摘を受け、Lを敵と 認定 し「 正義 」をかけた戦いを始める。.
  • 全てにおいて並外れた スペック の持ち 主 だが、それゆえに退屈な 高校生 活を送っており、 犯罪 が後を絶たない腐った世の中に 絶望 していた。そんな折、他者を ルール に則って殺 害 できる 死神 の ノート 「 DEATH NOTE 」を偶然拾ったことで 世界 を変革する使命感に 目 覚め、次第に狂気的な 青年 へと変貌していく。.

2011年4月 8日 (金)

漫画『 DEATH NOTE 』の主人公。. しかし、リュークは一連の流れで月の敗北を確信したことや、本来傍観者である自分にまで助けを求めたことで完全に月を見限り、 「死ぬのはお前だ」 と宣告した上で月の名前をノートに書き込み、それを月に見せつける。 ノートに書き込まれた自分の名前を見た月は最期の40秒間、生への執着を訴え続けるが、当然救いなどなく心臓麻痺により死亡。 史上最悪の犯罪者が、最後の最期でその報いを受けた瞬間であった。 ちなみに、漫画では唯一『デスノートに名前を書かれたことを心臓麻痺の前に知り、40秒後の確実な死への恐怖に怯えながら死んだ』キャラである。. 女性 を見下す節も多々見られ、 学生 時代は計画に利用するだけの 目 的で複数の 彼女 を キープ していた。自分への好意も「扱いやすい女」「女なんて簡単なもんだ」「女を殴りたいと本気で思ったのは生まれて初めてだ」「まったく女というのは…」などとしか思っていない。. あるとき、 高校 時代 のいじ めっこ 不良 ・佐 古田 が バイト 先に現れ、直後に 月 は偶然 DEATH NOTE と書かれた ノート を拾う。 月 は佐 古田 から友人を守るため半信半疑で佐 古田 の名前を書くが、 ノート の 力 は本物で本当に殺 害 してしまう。自らの行為を悔やみ一度は ノート を手放すも、佐 古田 の死を喜ぶ周囲の 人間 が多かった事に加え、 父 ・総一郎が 凶 悪 犯罪 に巻き込まれるなど数々のきっかけから 原作 同様、 凶 悪 犯罪者 に裁きを下すようになる。.

デスノートにより次々と犯罪者を裁いていた彼だが、流石にその異常性を警察やFBI等の司法機関に感づかれてしまう。 結果、世界最高の 名探偵『L』 にマークされ、彼との頭脳戦をする羽目に。.

  • また、リュークが現れるまでは作中でデスノートによる殺人を非常に重く受け止めており、 夜はうなされて眠れず5日で4キロ痩せ、デスノートを使った代償にリュークに魂を取られることも覚悟していた。 前述の変貌も、「新世界の神」としての使命感や殺人、日々続く頭脳戦によるプレッシャーによるところも大きいだろう。 誰かを殺して良いと言われたら私利私欲ではなく誰かに迷惑を掛ける人を殺したほうが良いのではないか、という知的ながら単純な考え方が、 何度も殺人を繰り返すうちにアングラで評価されるようになり、やがては「犯罪のない世界を作らなければ」という歪んだ使命感に変わり、 その使命感が敵対する者の徹底的な排除へと繋がり、排除され無様に死んで行く者を嘲笑ううちにいつしか傲慢になっていったのである。 そういう点では、彼自身もデスノートに人生を狂わされた被害者といえる。.
  • など 原作 の 月 とは設定が大幅に異なる 。 メディア ミックス で既に 原作 展開が使い潰された状況下、内容の大幅変更は必然だったとはいえ( 月 に限った事ではないが)作品の根底を揺るがす大胆すぎる 改 変は 原作 ファン の間で大きな物議を醸した。 特に 人形 にされた メロ とか。. 杉並 経済 大学 に通い 公務員 就職を 目 指 す 大学生 。 居酒屋 で アルバイト する傍ら イチゴ BERRYの ライブ へ赴くなど、 原作 よりずっと 人間 臭さが 目 立つ 。特に ミサミサ こと 弥海砂 の ファン 。.

SPK XSPK 35 1. FBI L .

単独で活動していた時は最後まで確 証 を握らせなかった キラ こと 月 だが、終盤にはその 慢心 する性格と殺してきた人たちが 仇 となり、 ニア に確たる 証 拠を突き付けられる。最期は、普段のスマートな振る舞いからは想像できないほど見苦しく、みっともないあがきを見せ、血と泥にまみれ散々 命乞い した末、 リューク の デスノート により 心臓 麻痺 で絶命する。. 高校 の全 国 模試で 1位 を取り、後に東応 大学 ( 現実 世界 の 東京大学 に相当)へ首席 入学 するほどの頭 脳 を持つ。また、 中学 の テニス 全 国 大会で二度 優勝 するほど スポーツ も万 能 。. 実写 映画 前編に引き続き、 年 7月 から 年 6月 まで1年間放送。基本的には 原作 に忠実だが、 本編 に影 響 しない程度に( 主 に第二部の)細かい シーン が 省略 ・ 削除 されたり、Lが死ぬ 25 話「沈黙」の 月 とLの オリジナル 展開追加、ヨツバ編での 月 に始末された者の場面追加などがある。. なお 月 を演じた 窪田 は 原作 の大 ファン であり、本作の 主 演に抜 擢 された事で アニメ 版・ 映画 版を何度も見直して役作りをしており劇中で リスペクト している。特に 激 昂する シーン のドスの利いた 声 音、 最終回 の 松田 に撃たれた際の言い回しは一聴の価値がある。.

FBI L LLL. Wiki. 19. CV: : .

余裕を失いつつも、ニアの取る策を予想した上で、ニアとSPK、そして日本捜査本部を一網打尽にする策を進める。 準備が整ったところで、ニアやSPKたちと顔合わせする機会をニアの提案を受ける形で設けた月。そのXデーを静かに待つだけ…. ニアとの対面まで残り3日となった時、日本に潜伏していたメロがキラの代弁者である高田を誘拐する事件が発生。 月からメロの人相と本名、そして緊急時にどうすべきかを教えられていた高田により、ついにメロはデスノートによって死亡する。 高田からの電話でメロの死を確信した月は彼女も用済みとばかりに始末するが、 後にこれが尾を引くことになるとは誰も予測出来なかった。.

この頃になると、執拗に迫ってくるニアの存在もあり、月は精神的にかなり追い込まれていた。 (自分の代わりに裁きを行う者を、ほとんど直感に近い曖昧な理由で 魅上 にしたこと等からそれが伺える) また、他者の切り捨てに今まで以上に積極的になり、海砂と会うたびに「ここで殺しておくべきか?」と考えるなど、傲慢な性格にも拍車がかかっていく。. また、リュークが現れるまでは作中でデスノートによる殺人を非常に重く受け止めており、 夜はうなされて眠れず5日で4キロ痩せ、デスノートを使った代償にリュークに魂を取られることも覚悟していた。 前述の変貌も、「新世界の神」としての使命感や殺人、日々続く頭脳戦によるプレッシャーによるところも大きいだろう。 誰かを殺して良いと言われたら私利私欲ではなく誰かに迷惑を掛ける人を殺したほうが良いのではないか、という知的ながら単純な考え方が、 何度も殺人を繰り返すうちにアングラで評価されるようになり、やがては「犯罪のない世界を作らなければ」という歪んだ使命感に変わり、 その使命感が敵対する者の徹底的な排除へと繋がり、排除され無様に死んで行く者を嘲笑ううちにいつしか傲慢になっていったのである。 そういう点では、彼自身もデスノートに人生を狂わされた被害者といえる。.

L L LL L L ……. SPK XSPK 35 1 .

高校 の授業中に落下する ノート を 目 撃し、 馬鹿 らしいと思いつつ持ち帰る。その後二度の 検証 により ノート の効果を確信し、 死神 の リューク と出会う。. FBIの尾行や監視カメラ、更にはまさかの本人登場をなんとか退けるが、『第二のキラ』弥海砂の出現で事態は急変。 勝手な行動を繰り返す彼女に手を焼きつつも、「顔さえわかれば殺せる『死神の目』を持つ海砂をLに会わせれば勝てる」と考え、行動に移していく。 結果的にLと海砂を引き合わせることには成功するも、海砂がLの名前をデスノートに書く前にLが彼女を拘束・監禁したことでその目論見は崩れ、窮地に追い込まれてしまう。.

西尾維新 の小説「DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件」では、 語り部である人物 から、 「ただ単に恐怖政治を敷きたかっただけ」「非現実的な殺人ノートの能力と頭の悪い死神の手助けに、終始おんぶに抱っこしているらしい調子づいた殺人鬼」 と、 自身とその思想を完全に否定されてしまっている。 これは作者の西尾維新が月のことを「お世辞にも性格が良いとは言えない人物」と解釈した事によるものである。.

名前: コメント:.

N at Wolf f. …… L LSATSUGAI ?


Facebook
Twitter
コメント
Akihiko 17.06.2020 20:42 答える

そして迎えたニアとの対面当日。 ニアとついに対面した月は、 彼が発案した 「デスノートの一部をただのノートにすり替え、そこにXキラこと魅上に自分たちの名前を書かせることで、本命のキラをあぶり出す」 という作戦を聞かされる。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2020 markdamanthomas.com 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.