国連 憲章 自衛 権

発行者: 02.03.2020

第29条 〔 補助機関 〕 安全保障理事会は、その任務の遂行に必要と認める補助機関を認めることができる。 第30条 〔 手続規則 〕 安全保障理事会は、議長を選定する方法を含むその手続規則を採択する。 第31条 〔 利害関係国の参加 〕 安全保障理事会の理事国でない国際連合加盟国は、安全保障理事会に付託された問題について、理事会がこの加盟国の利害に特に影響があると認めるときはいつでも、この問題の討議に投票権なしで参加することができる。 第32条 〔 紛争当事国の参加 〕 安全保障理事会の理事国でない国際連合加盟国又は国際連合加盟国でない国は、安全保障理事会の審議中の紛争の当事者であるときは、この紛争に関する討議に投票権なしで参加するように勧誘されなければならない。安全保障理事会は、国際連合加盟国でない国の参加のために公正と認める条件を定める。. 上記のように国連憲章には「固有の権利」として規定されたが、 個別的自衛権 (自国を防衛する権利)は同憲章成立以前から国際法上承認された国家の権利であったのに対し、集団的自衛権については同憲章成立以前にこれが国際法上承認されていたとする事例・学説は存在しない [1] 。.

カテゴリ : 平和 安全保障 自衛権 流行語.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 歴史上、自衛権の概念は、 年 の カロライン号事件 の処理において、 イギリス が主張した抗弁の中で最初に援用された [7] [4] 。カロライン号事件とは、イギリス領 カナダ で起きた反乱に際して、反乱軍が アメリカ合衆国 船籍のカロライン号を用いて人員物資の運搬を行ったため、 イギリス海軍 がアメリカ領内でこの船を破壊した事件である [7] 。アメリカ側からの抗議に対し、イギリス側は、自衛権の行使である旨、抗弁の一つとして主張した [1] [7] 。アメリカ側は、 国務長官 ダニエル・ウェブスター が、自衛権の行使を正当化するためには「即座に、圧倒的で、手段選択の余地がない」ことが必要であると主張し、本件についてこれらの要件が満たされていることについての証明を求めた [7] [1] 。この自衛権行使に関する要件は「 ウェブスター見解 」と呼ばれる [7] 。.

第103条 〔 憲章義務の優先 〕 国際連合加盟国のこの憲章に基く義務と他のいずれかの国際協定に基く義務とが抵触するときは、この憲章に基く義務が優先する。 第104条 〔 法律行為能力 〕 この機構は、その任務の遂行及びその目的の達成のために必要な法律上の能力を各加盟国の領域において享有する。 第105条 〔 特権及び免除 〕.

第92条 〔 裁判所の地位 〕 国際司法裁判所は、国際連合の主要な司法機関である。この裁判所は、附属の規程に従って任務を行う。この規程は、常設国際司法裁判所規程を基礎とし、且つ、この憲章と不可分の一体をなす。 第93条 〔 規程の参加国 〕. 第74条 〔 世界各国の利益の考慮 〕 国際連合加盟国は、また、本章の適用を受ける地域に関するその政策を、その本土に関する政策と同様に、世界の他の地域の利益及び福祉に妥当な考慮を払った上で、社会的、経済的及び商業的事項に関して善隣主義の一般原則に基かせなければならないことに同意する。.

第88条 〔 質問書の作成 〕 信託統治理事会は、各信託統治地域の住民の政治的、経済的、社会的及び教育的進歩に関する質問書を作成しなければならない。また、総会の権限内にある各信託統治地域の施政権者は、この質問書に基いて、総会に年次報告を提出しなければならない。 表決 第89条 〔 表決手続 〕. 集団的自衛権が攻撃を受けていない第三国の権利である以上、実際に集団的自衛権を行使するかどうかは各国の自由であり、通常第三国は武力攻撃を受けた国に対して援助をする義務を負うわけではない [1] 。そのため 米州相互援助条約 、 北大西洋条約 、 日米安全保障条約 などのように、締約国の間で集団的自衛を権利から義務に転換する条約が結ばれることもある [1] 。国際慣習法上、相手国の攻撃が差し迫ったものであり他に選択の余地や時間がないという「必要性」と、選択された措置が自衛措置としての限度内のものでなければならないという「均衡性」が、国家が合法的に個別的自衛権を行使するための条件とされる [10] [12] 。.

[1] .

ツール リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 ウィキデータ項目 このページを引用. 自衛権 (じえいけん)とは、急迫不正の侵害を排除するために、 武力 をもって必要な 行為 を行う 国際法 上の 権利 [1] であり、自己保存の本能を基礎に置く合理的な権利であると考えられてきた [2] 。 国内法 上の 正当防衛権 に対比されることもあるが [3] 、社会的条件の違いから国内法上の正当防衛権と自衛権が完全に対応しているわけでもない [4] 。. カテゴリ : 自衛権 平和 憲法 安全保障.
  • この被害国を援助するために第三国が集団的自衛権を行使する場合、伝統的に第三国に強制された中立の地位を離脱する事態が生じる [20] 。第二次世界大戦中から交戦状態に入らない第三国が一方の交戦国を公然と支援するという実行がみられるようになり、この時代から中立以外に第三国がとりうる立場として「非交戦国」という立場が論じられ始めるようになった [20] 。その後 国連憲章 第2条4項はすべての武力による威嚇、または武力の行使を違法化したため、今日では 国連 による集団的措置を除いて自衛権が国家間における武力行使を法的に正当化する唯一の根拠となる [19] 。この「非交戦国」が 慣習国際法 上確立したとする立場では、第三国は他国の武力紛争に対して適法な形で中立義務を離脱することが可能となるが、現代においてもこうした「非交戦国」という立場が確立しているか否かについては争いがある [20] 。.
  • 他言語版 English 한국어 中文 リンクを編集. ウィクショナリー に関連の辞書項目があります。 自衛権.

ツール リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 ウィキデータ項目 このページを引用. 第55条 〔 目的 〕 人民の同権及び自決の原則の尊重に基礎をおく諸国間の平和的且つ友好的関係に必要な安定及び福祉の条件を創造するために、国際連合は、次のことを促進しなければならない。. カテゴリ : 自衛権 平和 憲法 安全保障. 第111条 〔 正文 〕 この憲章は、中国語、フランス語、ロシア語、英語及びスペイン語の本文をひとしく正文とし、アメリカ合衆国政府の記録に寄託しておく。この憲章の認証謄本は、同政府が他の署名国の政府に送付する。.

第54条 〔 安全保障理事会に対する通報 〕 安全保障理事会は、国際の平和及び安全の維持のために地域的取極に基いて又は地域的機関によって開始され又は企図されている活動について、常に十分に通報されていなければならない。. 第88条 〔 質問書の作成 〕 信託統治理事会は、各信託統治地域の住民の政治的、経済的、社会的及び教育的進歩に関する質問書を作成しなければならない。また、総会の権限内にある各信託統治地域の施政権者は、この質問書に基いて、総会に年次報告を提出しなければならない。 表決 第89条 〔 表決手続 〕. 林修 ( 東進ハイスクール ・ 東進衛星予備校 講師)「 今でしょ!

3 [14]. [7] [4] [7] [1] [7] [7] [1] [7]. 220 UTC - Cookie !

第91条 〔 経済社会理事会と専門機関の利用 〕 信託統治理事会は、適当な場合には、経済社会理事会及び専門機関がそれぞれ関係している事項について、両者の援助を利用する。. また、19世紀以来の 国際慣習法 の下、この三要件が満たされるならば、機先を制して武力を行使する「 先制的自衛権 」の行使も正当化されると解された [12] 。しかし、国連憲章では「武力攻撃が発生した場合」と規定されることから、この要件を厳格に解して、認められないとする見解も有力である [13] 。ちなみに、「武力攻撃が発生した場合」という日本語は日本の外務省による公定訳によるもの。国連憲章の公用語 当時は英語、仏語のみ である英語では"If an armed attack occurs, 第55条 〔 目的 〕 人民の同権及び自決の原則の尊重に基礎をおく諸国間の平和的且つ友好的関係に必要な安定及び福祉の条件を創造するために、国際連合は、次のことを促進しなければならない。.

[1]. 51 [1] [4] 51. [5] [6] .

本紙へのご意見・投稿

案内 メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ. この被害国を援助するために第三国が集団的自衛権を行使する場合、伝統的に第三国に強制された中立の地位を離脱する事態が生じる [20] 。第二次世界大戦中から交戦状態に入らない第三国が一方の交戦国を公然と支援するという実行がみられるようになり、この時代から中立以外に第三国がとりうる立場として「非交戦国」という立場が論じられ始めるようになった [20] 。その後 国連憲章 第2条4項はすべての武力による威嚇、または武力の行使を違法化したため、今日では 国連 による集団的措置を除いて自衛権が国家間における武力行使を法的に正当化する唯一の根拠となる [19] 。この「非交戦国」が 慣習国際法 上確立したとする立場では、第三国は他国の武力紛争に対して適法な形で中立義務を離脱することが可能となるが、現代においてもこうした「非交戦国」という立場が確立しているか否かについては争いがある [20] 。. ベトナム戦争 では、 中立国 であった カンボジア に侵攻した アメリカ合衆国 は、自らの軍事行動がカンボジアによる中立国の防止義務不履行を理由に集団的自衛権の行使として正当化されると主張した [21] 。ここでいう中立国の防止義務とは、中立国は交戦国の一方に軍事的に利するような形で自国領域を使用させてはならないとする義務のことであり、アメリカ侵攻当時 北ベトナム と ベトコン に一部占領されていたカンボジアはこの中立国の防止義務を果たすことができていないとしたのである [21] [22] 。アメリカはカンボジアへの侵攻がカンボジア侵略勢力を排除するために時間的・範囲的に限定されたものであり、カンボジアそのものを標的としたものではなかったとして均衡性の要件 権利の性質 参照 も満たすものであったと主張した [21] 。ただし多くの同盟国領域内に軍事拠点を使用し、従来よりこうした第三国領域内の軍事施設に対する攻撃を強く非難する立場をとってきたアメリカのそれまでの政策と、このカンボジア侵攻の際のアメリカの主張は対極に位置することから、アメリカのカンボジア侵攻は二重基準として批判を受けることとなった [21] 。.

他言語版 English 한국어 中文 リンクを編集.

[7] [4] [7] [1] [7] [7] [1] [7]. [30] [30]. [1] [1] [10] [12]. NATO WTO [4] [4] .

任務及び権限 第87条 〔 総会と信託統治理事会の権限 〕 総会及び、その権威の下に、信託統治理事会は、その任務の遂行に当って次のことを行うことができる。. 名前空間 ページ ノート. 第34条 〔 調査 〕 安全保障理事会は、いかなる紛争についても、国際的摩擦に導き又は紛争を発生させる虞のあるいかなる事態についても、その紛争又は事態の継続が国際の平和及び安全の維持を危くする虞があるかどうかを決定するために調査することができる。 第35条 〔 提訴 〕.

[1] [8] [9] 7 .


Facebook
Twitter
コメント
Yori 11.03.2020 12:33 答える

この項目では、集団的自衛権全般について説明しています。日本一国の集団的自衛権については「 日本の集団的自衛権 」をご覧ください。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2020 markdamanthomas.com 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.