中国 歴史 書籍

発行者: 02.03.2020

図解 すぐに理解できる! 本の収納・保管方法まとめ|本棚の本をすっきりキレイに! 本や漫画を読む人にとって、本棚まわりの掃除や、本の保管・収納については永遠のテーマなのではないでしょうか。 ブックオフオ・・・.

その他「隋・唐王朝時代」を扱った漫画作品はこちら! 『 西遊妖猿伝 』 諸星大二郎 著 、双葉社ほか 『 梨花の下で 李白・杜甫物語 』 杜康潤 著 、KADOKAWA 『 仙術士 李白 』 葉明軒 著 、KADOKAWA. しかし、 趙匡胤 がそれほど残酷なことをしなくても中華を統一できたのは、すでに後周の世宗が八割型その地固めをしていたからです。この宋の前段階としての五代の時代についてもこの巻ではきちんと書かれています。 五代十国時代 について扱った本は日本では少ないため、その意味でもこの間は貴重です。この時代は 三国時代 に匹敵する乱世ですが、唐の滅亡から殺伐とした乱世を経て宋の太平の世が訪れる流れは、読んでいてもどこかほっとするものがあります。宋は 契丹 や金など北方の民族には常に圧迫されていたものの高い経済力を誇っていたため、この王朝を創った 趙匡胤 が高評価されるのも当然のことなのでしょう。.

その他「紀元前の中国」を扱った漫画作品はこちら! 『 封神演義 』 藤崎竜 著 、集英社 『 殷周伝説 』 横山光輝 著 、潮出版社 『 達人伝~9万里を風に乗り~ 』 王欣太 著 、双葉社 『 東周英雄伝 』 鄭問 著 、講談社 『 ビン~孫子異伝~ 』 星野浩字 著 、集英社 『 赤龍王 』 本宮ひろ志 著 、集英社. その他「三国時代」を扱った漫画作品はこちら! 『 三国志魂 』 荒川弘、杜康潤 著 、コーエーテクモゲームス 『 覇 LORD 』 池上遼一 絵 、武論尊 原作 、小学館 『 STOP劉備くん! 』 白井恵理子 著 、角川書店 『 天地を喰らう 』 本宮ひろ志 著 、集英社 『 孔明のヨメ。 』 杜康潤 著 、芳文社 『 三国志連作集 異郷の草 』 志水アキ 著 、メディアファクトリー 『 SWEET三国志 』 片山まさゆき 著 、講談社ほか.

中国の長い歴史の中で、近代史は欧米や日本の利権争いがからみ合って複雑で私の苦手なところです。 清王朝に至るころには欧米諸国とかかわりを持たなければならなくなっていて、これまでの朝貢によって周辺の国々をしたがえる外交方法が崩壊するのです。 アヘン戦争での敗北をきっかけに各国と不平等条約を次々と結ぶ事態に陥った清は外国の技術を取り入れた富国強兵をめざします。しかし、今までの清の体制を残したままでは近代化もふるわず、その間周辺の国々を支配下におく西欧諸国がじりじりとせまってくるのです。 さらには朝鮮半島をめぐって日本と日清戦争が勃発。これに敗北したことにより弱体化が進んだ清は列強各国の利権争いの場となるのです。 そんな不満に対する暴動をきっかけに各地で蜂起がおこり、中華民国が成立、皇帝は退位を迫られ清王朝は滅びます。 一方、東北三省を勢力圏とみなす日本に対する抗日運動が激しくなって日中戦争が起こり、日本が第二次世界大戦で敗北するまで中国の領土は荒廃することになるのです。 その後国民党と共産党のどちらが国を担うのかの争いのあった後、年、毛沢東が天安門で中華人民共和国の樹立を宣言することになります。 石器時代からの通史はもちろん、近代史が充実しているおすすめの一冊です。.

タグ一覧 80年代 90年代 均 まとめ ブックカバー 冬 夏 大掃除 完結漫画情報 小説家 怖い本 感動 懐かし漫画 文学賞 料理・グルメ 映画 春 東野圭吾 漫画家 秋 笑える作品 絵本・児童文学作家 行事・イベント 読書ノート 読書感想文.

  • 小説十八史略 一 講談社文庫.
  • 多くの読者が親しんでいる 三国志 の時代から 南北朝時代 のはじまりまでを書いています。 三国時代 は多くの武将が活躍し、 曹操 や 曹植 が詩人であったように文学も盛んな時代でしたが、 陳舜臣 は庶民の生活への目配りも欠かしていません。この時代の史書からは庶民の生活は直接うかがえないものの、 陳舜臣 は 三国時代 を「光のとぼしい時代」と書いています。戦乱が続いていたのだから当然ですが、こうした視点も歴史を見る上で忘れてほしくないと思っていたのでしょう。.

読んだ本の備忘録や日頃思ったこと、感じたことなどなど

人気の記事 【保存版】古本についている値札シールの簡単な剥がし方 古本を買うと、本に直接値札シールが貼られていることが多いですよね。 それを無理にはがして本に傷がついたり、ベタベタ感が残・・・. 少し時代をさかのぼると、 始皇帝 が長男の 扶蘇 が 焚書坑儒 について諫言したことで北方に送られたことについて、これは懲罰ではなく 扶蘇 の才能に期待していたからではないかとも推理しています。北方を守る 蒙恬 は 匈奴 に対抗するための30万の兵を持っており、これを監督させるのは秦にとってはきわめて重要な役目です。著者が言う通り、 始皇帝 は 扶蘇 に大きな期待を寄せていたのかもしれません。 扶蘇 が趙高の陰謀により自殺に追い込まれなければ秦はもっと長続きしたのではないか、と考えたくなります。.

その点、この 陳舜臣 『中国の歴史』は、歴史作家である作者が書いているために文章は読みやすく、登場する人物についても読者の興味を引くようなエピソードを多く取り上げているため、自然と中 国史 に入り込めるようになっています。人物中心に書かれているため、終わることのない歴史絵巻を延々と眺めているような気分にひたることができます。それでいて内容のレベルも高く、要所要所できちんと史書から漢文を引用し、当時の空気や時代背景、人物の特徴などをできるだけ再現するよう工夫されています。歴史研究においては史料を自分で読むことができ、かつ解釈することができることが大事ですが、中国人の血を引き 東洋史 を学んでいる著者は漢文の文献資料を読みこなせるため歴史家としても十分な資質があます。それでいて作家らしい情感あふれる文章も随所に差し挟むので、この『中国の歴史』は概説書としての高いレベルを保ちつつ、かつ読み物としての面白さも抜群という、稀有な中 国史 の本になっています。.

三国時代 が終わり、普の短い統一期間を経て 五胡十六国時代 がはじまりますが、五胡のひとつである 匈奴 の容姿について、この巻では興味深い考察が加えられています。この時代においてはじめて 匈奴 の容姿が史書に記されるようになったことを指摘したうえで、それまで 匈奴 の容貌が書かれなかった理由は 匈奴 が種族名ではなく 政治団体 の名だからだ、という説を肯定的に紹介しています。多くの種族を配下に抱える 匈奴 の容貌はばらばらであるから、書けるはずがないというのです。. 水城せとな おすすめ漫画|リアリティのある大人の恋にハマる!. その他「西暦年~現代」を扱った漫画作品はこちら! 『 黄土の旗幟のもと 』 皇なつき 著 、角川書店ほか 『 水滸伝 』 横山光輝 著 、潮出版社 『 星間ブリッジ 』 きゅっきゅぽん 著 、小学館.

  • その他「紀元前の中国」を扱った漫画作品はこちら! 『 封神演義 』 藤崎竜 著 、集英社 『 殷周伝説 』 横山光輝 著 、潮出版社 『 達人伝~9万里を風に乗り~ 』 王欣太 著 、双葉社 『 東周英雄伝 』 鄭問 著 、講談社 『 ビン~孫子異伝~ 』 星野浩字 著 、集英社 『 赤龍王 』 本宮ひろ志 著 、集英社. 広大な中国を支配するためには、その支配体制や政策は国の命運を分けるものになります。 古代では都市国家が複数連合してつながりを持っていましたが、それを初めて一つの国としてまとめたのが秦の始皇帝です。官僚制度を整え、郡県制をしき、度量衡や文字、貨幣を統一しました。 前漢ははじめ秦とは違う国の支配体制でしたが、武帝は始皇帝と同じく中央集権的体制を確立させます。 隋以後、試験によって官吏を登用する科挙が始まり、宋の文治政策では科挙の最終試験は皇帝が直接行うことになりました。それによって皇帝と官僚の結びつきが強くなり、皇帝の独裁が強化されるようになるのです。 しかし清の頃には欧米との外交は避けられないものになり、貿易に対する策を講じなければならなくなりました。林則徐がアヘンを禁じた結果アヘン戦争が起こり、これを皮切りに清は西欧に対して開国することになるのです。 中国史の様々な転換期に現れる人物と時代の流れを知るにはこの一冊をおすすめします。.
  • 中国を動かしていたのは権力を持った皇帝ばかりではありません。王や皇帝を支えた人々、あるいは利権を争って国を傾けた人たちや、文化を担った人々も忘れてはならない存在です。 春秋戦国時代、多くの国が割拠する中で、それらの国々はお互いどう付き合うべきかが大きな課題でした。人材を求める気運の中で「諸子百家」と呼ばれる様々な思想を説く人たちが自らの説を政治で実現するために登用されるべく国々を遊説してまわっていたのです。 西晋のころ貴族文化が花開いたといわれます。北方から江南へ移ってきた貴族たちに脱俗的思想が流行り、それが文学や芸術に結びついたのです。 中国の独特の存在として「宦官(かんがん)」があります。去勢された男性で皇帝の身のまわりの世話を担っていました。皇帝に近かったために宮廷で暗躍して利権を握ることもあり、唐の末期には皇帝ですら宦官に擁立され、国の勢いも衰えてゆくのです。 宋の時代に科挙の重要性が増すと学校や書院が作られ、社会、経済の発展に対応する人材として「士大夫」が支配階層に入ってくるようになります。 この本は歴史地図だけでなく、時代の特色を図とともに解説していてとても分かりやすいおすすめの一冊です。.

80 90 .

中国の歴史、英雄を扱った歴史小説は、日本でも数多く読まれています。それだけに、中国史は題材となる魅力的な歴史上の人物やエピソードの宝庫といえるでしょう。 この本の特徴は、図やイラストだけでなく中国の映画やドラマのワンシーンを参考資料として写真で添付されているところです。 巻末にはドラマ、映画、漫画、小説の作品紹介が掲載されていて、もっと中国の歴史を楽しみたい方におすすめです。 冒頭に漫画『キングダム』の紹介と作者、原泰久のインタビューが添えられています。. そして、何よりこの『中国の歴史』を特徴づけているものは、著者の中 国史 に対する深い愛です。記録というものに熱心で、特に人間を追求することに力を注いできたのが伝統的な中国の歴史叙述ですが、本書もまた人物を中心とした歴史叙述で、時おり各人物への 陳舜臣 の個人的な好悪が書き込まれることもあります。たとえば、4巻では 漢の武帝 、唐の太宗などと比べ、宋の太祖 趙匡胤 は残酷さが少ないため友人に選ぶならこの人だ、と書かれています。このように、作家である 陳舜臣 の筆は、ときに情緒的になることがあります。しかし、これこそがこの『中国の歴史』の良さであると私は思います。これは学者の書く冷静な歴史書にはないもので、こういう点が本シリーズを読者にとって身近なものにしています。.

唐から五代を経て 北宋 にいたるまで、ある意味中 国史 の最も輝かしい時代を書いているのがこの巻です。宋の開祖である 趙匡胤 が士大夫を優遇した人物であるためか、著者は全体として 宋王朝 にはかなり好意的であるように思います。酔っ払って寝ている間に天子の服を着せられて皇帝になった 趙匡胤 にはなんとも言えない愛嬌のようなものが感じられますが、それだけでなく、言論を理由として士大夫を処刑してはならないことを決めた 趙匡胤 を、 陳舜臣 はきわめて高く評価しています。. 広大な中国を支配するためには、その支配体制や政策は国の命運を分けるものになります。 古代では都市国家が複数連合してつながりを持っていましたが、それを初めて一つの国としてまとめたのが秦の始皇帝です。官僚制度を整え、郡県制をしき、度量衡や文字、貨幣を統一しました。 前漢ははじめ秦とは違う国の支配体制でしたが、武帝は始皇帝と同じく中央集権的体制を確立させます。 隋以後、試験によって官吏を登用する科挙が始まり、宋の文治政策では科挙の最終試験は皇帝が直接行うことになりました。それによって皇帝と官僚の結びつきが強くなり、皇帝の独裁が強化されるようになるのです。 しかし清の頃には欧米との外交は避けられないものになり、貿易に対する策を講じなければならなくなりました。林則徐がアヘンを禁じた結果アヘン戦争が起こり、これを皮切りに清は西欧に対して開国することになるのです。 中国史の様々な転換期に現れる人物と時代の流れを知るにはこの一冊をおすすめします。.

7 7.

読み物として、中国の通史を知りたい方へ

紙袋で作るおしゃれな手作りブックカバーの作り方 本屋さんでつけてもらえる、紙のブックカバー。その紙のブックカバーを自分のお気に入りのお店の紙袋や、かわいい包装紙をリサイ・・・. 引用をストックしました ストック一覧を見る 閉じる. おすすめ一覧 歴史上の事件・出来事一覧 本まとめ記事一覧 このユーザーの記事. 前漢・後漢において最大の悩みは北方の匈奴でした。最初は親和対策、それが転じて武力攻撃に移行します。そして匈奴以外の異民族、大月氏と手を結ぶために派遣した張騫(ちょうけん)によって西域の情報を知りシルクロードが開拓されるのです。 有名な三国志の時代のあと西晋が中国を統一しますが、内乱のため異民族を兵に取り込みます。取り込まれた異民族の兵も地位の向上を図り、国を建てるまでに至ります。これが五胡十六国の時代です。 漢民族を支配するために自ら漢人化した鮮卑族が、やがて隋、唐につながります。 その後漢民族国家が復活してもまた衰え、異民族の支配を受けます。モンゴルが台頭して漢民族を飲み込み、元王朝が建ち、災害や社会不安の機をとらえて漢民族の明王朝になりますがまた衰え、女真族が力をつけてきて清王朝が建つのです。 中国史の中で漢民族と周辺諸国がどうかかわり支配し、また、されてきたのかを説明してくれています。ページの隅の「その頃、日本では」が日本史との時系列を教えてくれてわかりやすいです。.

  • 引用をストックしました ストック一覧を見る 閉じる.
  • 中国の長い歴史の中で、近代史は欧米や日本の利権争いがからみ合って複雑で私の苦手なところです。 清王朝に至るころには欧米諸国とかかわりを持たなければならなくなっていて、これまでの朝貢によって周辺の国々をしたがえる外交方法が崩壊するのです。 アヘン戦争での敗北をきっかけに各国と不平等条約を次々と結ぶ事態に陥った清は外国の技術を取り入れた富国強兵をめざします。しかし、今までの清の体制を残したままでは近代化もふるわず、その間周辺の国々を支配下におく西欧諸国がじりじりとせまってくるのです。 さらには朝鮮半島をめぐって日本と日清戦争が勃発。これに敗北したことにより弱体化が進んだ清は列強各国の利権争いの場となるのです。 そんな不満に対する暴動をきっかけに各地で蜂起がおこり、中華民国が成立、皇帝は退位を迫られ清王朝は滅びます。 一方、東北三省を勢力圏とみなす日本に対する抗日運動が激しくなって日中戦争が起こり、日本が第二次世界大戦で敗北するまで中国の領土は荒廃することになるのです。 その後国民党と共産党のどちらが国を担うのかの争いのあった後、年、毛沢東が天安門で中華人民共和国の樹立を宣言することになります。 石器時代からの通史はもちろん、近代史が充実しているおすすめの一冊です。.
  • 日本とモンゴルのハーフウムボルトは、幼い頃の記憶と家族を失っており、己のアイデンティティを求めていた。 関東軍参謀・辻政信によって、日本軍統治下の満州にある建国大学に入学したウムボルトは、図らずも戦火に巻き込まれた時代の流れにはまっていくのだった。.
  • その他「隋・唐王朝時代」を扱った漫画作品はこちら! 『 西遊妖猿伝 』 諸星大二郎 著 、双葉社ほか 『 梨花の下で 李白・杜甫物語 』 杜康潤 著 、KADOKAWA 『 仙術士 李白 』 葉明軒 著 、KADOKAWA.

7 3 .

周~漢王朝時代(中国戦国時代含む)

三国時代 が終わり、普の短い統一期間を経て 五胡十六国時代 がはじまりますが、五胡のひとつである 匈奴 の容姿について、この巻では興味深い考察が加えられています。この時代においてはじめて 匈奴 の容姿が史書に記されるようになったことを指摘したうえで、それまで 匈奴 の容貌が書かれなかった理由は 匈奴 が種族名ではなく 政治団体 の名だからだ、という説を肯定的に紹介しています。多くの種族を配下に抱える 匈奴 の容貌はばらばらであるから、書けるはずがないというのです。. その点、この 陳舜臣 『中国の歴史』は、歴史作家である作者が書いているために文章は読みやすく、登場する人物についても読者の興味を引くようなエピソードを多く取り上げているため、自然と中 国史 に入り込めるようになっています。人物中心に書かれているため、終わることのない歴史絵巻を延々と眺めているような気分にひたることができます。それでいて内容のレベルも高く、要所要所できちんと史書から漢文を引用し、当時の空気や時代背景、人物の特徴などをできるだけ再現するよう工夫されています。歴史研究においては史料を自分で読むことができ、かつ解釈することができることが大事ですが、中国人の血を引き 東洋史 を学んでいる著者は漢文の文献資料を読みこなせるため歴史家としても十分な資質があます。それでいて作家らしい情感あふれる文章も随所に差し挟むので、この『中国の歴史』は概説書としての高いレベルを保ちつつ、かつ読み物としての面白さも抜群という、稀有な中 国史 の本になっています。.

目次 ・紀元前 ・三国時代 ・隋・唐王朝時代 ・西暦年~現代 漫画を読んで、中国の歴史を知ろう!.

honcierge.


Facebook
Twitter
コメント
Yutsuko 06.03.2020 10:28 答える

水城せとな おすすめ漫画|リアリティのある大人の恋にハマる!.

Nori 10.03.2020 21:02 答える

引用をストックできませんでした。再度お試しください 閉じる. 中国の歴史を知るうえで漢民族以外の周辺諸国、民族の動向も重要な役割を占めています。中国の歴史といってもそれは漢民族の歴史だけではとらえられないのです。 万里の長城に象徴されるように、漢民族は常に周辺からの圧迫というものに腐心せねばならず、また外勢力とうまく付き合わなければなりませんでした。 この本は、中国王朝の節目節目にあらわれる周辺諸国の動向を簡潔にまとめています。.

Hana 05.03.2020 14:09 答える

その他「紀元前の中国」を扱った漫画作品はこちら! 『 封神演義 』 藤崎竜 著 、集英社 『 殷周伝説 』 横山光輝 著 、潮出版社 『 達人伝~9万里を風に乗り~ 』 王欣太 著 、双葉社 『 東周英雄伝 』 鄭問 著 、講談社 『 ビン~孫子異伝~ 』 星野浩字 著 、集英社 『 赤龍王 』 本宮ひろ志 著 、集英社.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2020 markdamanthomas.com 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.