ら える ふ

18.08.2020
190

アルダ に生きる存在の中で、最高の能力を与えられている。とはいえ、氏族によって能力には差がある。 肉体的にも精神的にも極めて強靭かつ繊細であり、人間には不可能な様々なことを成し遂げることができる。特に美しいものを案出することに優れる。エルフの介在したものは、言語や工芸品、武具や国土そのものにいたるまで、魔法めいた性質を帯びるようになる。 病気にかかることもなければ、老いることも寿命もない。暑さや寒さなどに対する耐性も高く、困難な状況でもよく耐える。 最初のエルフは 月 も 太陽 もない、 星々のみが世界を照らす時代 に生まれたため、星明かり程度の光さえあれば遠方を見通す事ができる。またその視力も、人間より遙かに鋭い。睡眠の意味も人間とは異なり、瞑想によって休息をとることができる(たとえ走りながらでも可能)。身のこなしも非常にしなやかで、雪の上に足跡をつけずに歩いたり、草の茂る森林を音も立てずに進んだりすることができる。 エルフは武器などによって殺されるか、生に倦み疲れて逝かない限り死ぬことはない。その「死」の意味も 人間 とは異なり、魂は マンドスの館 に招集され、そこで世界の終わりを待つか、再び肉体を得て転生することになる。明るい性格のエルフは多いが、年月と共に、叡智と哀しみが積み重なっていき、それとともにその美しさもいや増していく。.

ドイツと デンマーク の民間伝承に登場する魔王は、 アイルランド神話 の バンシー のように死の前兆として現れるが、バンシーとは異なり、死にそうな人物の前にだけ現れる。魔王の姿と表情から、どのような死が訪れるのかが分かる。魔王が苦しげな表情をしていれば、それを見た人は苦痛に満ちた死を迎え、魔王が安らかな表情をしていれば、穏やかな死を迎える。. 日本では、古来より超常的存在の主役は妖怪や神であり、西洋的な妖精のイメージはなかなか定着しなかったものの、年の『指輪物語』の映画化を機に日本でもファンタジーの要素が流行の兆しを見せ、「エルフ」や「オーク」といった言葉が徐々に認知されるようになっていった。その影響から、欧米の文学や民間伝承などに登場する妖精の総称としてのエルフ像よりむしろ、同作で描かれるような固有の種族としてのイメージが日本におけるエルフのステレオタイプとなった [段 2] 。後に様々な改変を経て、エルフ像の特徴に差異が見られるようになったため、エルフと一口に言っても定義することが困難になっている [ 要出典 ] 。.

スノッリの作品の外に北欧神話のエルフの姿を求めるならば、スノッリの作品以前のエルフの存在を証明する証拠は、 スカルド詩 (吟唱詩)、 エッダ詩 (古エッダ)、 サガ などに見つけられる。エルフはここで、おそらく「全ての神々」を意味する、「アース神族とエルフ」という慣用句によって、 アース神族 と結び付けられる [5] 。 一部の学者は、エルフを ヴァン神族 と比較したり、あるいはヴァン神族であるとしてきた [6] 。 しかし古エッダの『 アルヴィースの歌 』では、各種族がさまざまな物に付けた名前が紹介されるが、エルフはアース神族ともヴァン神族とも異なる風習を持つ種族として描かれている。しかし、これは高位の豊穣神であるヴァン神族と、低位の豊穣神であるエルフとの違いを表したものかもしれない。また古エッダの『 グリームニルの言葉 』では、ヴァン神族の フレイ は光のエルフの故郷である「アルフヘイム」の王であるとされている。同じく古エッダの『 ロキの口論 』では、 エーギル の館で宴会を開かれ、アース神族とエルフの大集団が宴に招ばれている。ここでフレイの従者 ビュグヴィル とその妻 ベイラ が登場するが、二人が神々の列に加えられていないことと、フレイがアルフヘイムの支配者であることから、この二人がエルフであることが分かる。.

カテゴリ : 北欧神話の生物 ファンタジー 小人 伝説の生物 イギリスの伝説の生物 ゲルマンの伝説の生物 スカンジナビアの伝説の生物. かれらは、 ヴァラール に手を加えられることなく、 イルーヴァタール 自身によって創造された イルーヴァタールの子ら のうち、クイヴィエーネンの湖のほとりで先に目覚めたものたちであった。中つ国にはまだかれらのほかに話す者はなく、自らをかれらの言葉でクウェンディ(話す者)と名付けた。かれらを偶然見いだした オロメ はかれらをエルダール(星の民)とよんだ。かれらは星の光の下に目覚めたからである。. カテゴリ : 中つ国のエルフ. 西方へと旅立ったエルフは「エルダール」として知られる。これはオロメがエルフ全体につけた呼び名だが、エルフたちはこれに「アヴァリ」を含まなかった。エルダールには三部族がある。イングウェに率いられた ヴァンヤール 、フィンウェに率いられた ノルドール 、エルウェと オルウェ に率いられた テレリ (リンダール)である。. ウィキメディア・コモンズには、 エルフ トールキン に関連するカテゴリがあります。.

: Wikipedia. Princess Nobody .

カテゴリ : 北欧神話の生物 ファンタジー 小人 伝説の生物 イギリスの伝説の生物 ゲルマンの伝説の生物 スカンジナビアの伝説の生物. ツール リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 ウィキデータ項目 このページを引用.
  • ヘルプ ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ.
  • J・R・R・トールキン の小説『 指輪物語 』は現代におけるエルフのイメージに影響を与えた [24] 。トールキンの ファンタジー 小説において、「エルフ」は妖精の総称ではなく、半神的な特徴を持つひとつの種族の名称である [24] 。『指輪物語』に登場するエルフは身体能力が高く、知識に富み、魔法を使う [25] 。人間ほどの背丈で、長く尖った耳をしている [25] 。トールキンは、ホビットの耳はエルフのように尖らせてほしいなどと手紙に書き、その意を汲んだイラストレーターらがエルフの耳を尖っているように描写した [26] 。.

欲しいものリストを使ってみよう!

管理人ブログ 管理人へメール(寄付のお願い). しかし、エルフのイメージは必ずしも耳が尖っていると決まっているわけではなく、本来的にはそのような認識は誤りである [注 1] [段 3] 。. エルフを扱った ファンタジー 作品の中には、人間との 混血 であるハーフエルフが登場するものもある。多くの場合、ハーフエルフは人間とエルフ双方の特徴を受け継いでおり、人間とエルフの双方から差別的な扱いを受けることがしばしばある。エルフと人間との 異類婚姻譚 はいくつかの 神話 にも描かれるモチーフであるが、今日のハーフエルフの原型は『指輪物語』での設定に多くを負っている。同作の 半エルフ は種族として固定されたものではなく、彼らはエルフと人間のいずれの運命を選ぶかの選択を行い、エルフの運命を選んだものは不死性を得たという設定である [段 1] 。.

ヘルプ ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ. ドイツと デンマーク の民間伝承に登場する魔王は、 アイルランド神話 の バンシー のように死の前兆として現れるが、バンシーとは異なり、死にそうな人物の前にだけ現れる。魔王の姿と表情から、どのような死が訪れるのかが分かる。魔王が苦しげな表情をしていれば、それを見た人は苦痛に満ちた死を迎え、魔王が安らかな表情をしていれば、穏やかな死を迎える。.

表示 閲覧 編集 履歴表示.

  • 西方へと旅立ったエルフは「エルダール」として知られる。これはオロメがエルフ全体につけた呼び名だが、エルフたちはこれに「アヴァリ」を含まなかった。エルダールには三部族がある。イングウェに率いられた ヴァンヤール 、フィンウェに率いられた ノルドール 、エルウェと オルウェ に率いられた テレリ (リンダール)である。. エルフは 人間 と似ているが、人間ではない種族である。.
  • カテゴリ : 中つ国のエルフ. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』.

JRR. RPG RPG4 [28] .

ほげらえるふ画廊(仮)

人間 より長い歴史を持ち、エルフ自身の技量の高さもあり、文化や技術は 人間 のそれを遙かに凌駕する。特に アマン に渡ったエルフ( 上のエルフ )は ヴァラール に直接教えを受けたため、その能力はずば抜けている。耳も聡いため、歌や音楽の技量も非常に高く、言葉も美しい。 エルベレス が天空に星々を撒いた時に目覚めたため、 ヴァラール の内で彼女を最も崇拝しており、 中つ国 でも彼女への讃歌を歌いながら逍遥する姿がしばしば見られる。. レゴラス 47 魔王 47 シャドウ・オブ・ウォー 43 グラウルング 42 ナズグール 39 サウロン 37 エルフ 35 ウルク=ハイ 33 ガラドリエル 33 サムワイズ・ギャムジー 32 アラゴルン二世 32 スランドゥイル 30 サルマン 29 一つの指輪 29 バルログ 27 モルゴス 26 ケレブリンボール 25 ガンダルフ 24 タリオン 24 指輪物語 24 オーク 24 フロド・バギンズ 24 シャドウ・オブ・モルドール 24 トーリン二世 23 エクステンデッド・エディション 22 エオウィン 21 ロード・オブ・ザ・リング 20 エレンティア 20 ウトゥムノ 20 アマン アイスランド でのエルフは、目撃したという人々によると、人間に似ているが、やや小型の外観で、素朴で普段は穏やかな生き物であるとされる [29] 。 年 には、妖精遺産保護法が成立しており、エルフに関係すると言われている岩などが保護指定されている [29] 。 年 には、エルフの家とされる巨大な岩を道路工事に伴って移動させたところ、多くの技術的困難に直面することになった [29] 。また レイキャビク 近くの道路工事では、「エルフの岩」とされている岩石を誤って土壌に埋めてしまったところ、道路は冠水したり、負傷する人が出たり、周囲で重機の故障が相次いだ。そのためアイスランド道路管理局はこの岩の原状復帰を決め、掘り出し作業と洗浄作業が行われた [29] 。アイスランドでは、エルフたちは日々の生活の一部と考えられており、エルフに配慮するために工事が変更になったり、エルフによる警告を信じる漁師が出漁を見合わせるようなことがある [29].

最終更新 年4月9日 木 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー.

RPG RPG4 [28]. 224 UTC - Cookie ! JRR ? Elphame Elfland Thomas the Rhymer Tale of Childe Rowland Lady Isabel and the Elf-Knight The Queen of Elfland's Nourice .

Account Options

アルダ に生きる存在の中で、最高の能力を与えられている。とはいえ、氏族によって能力には差がある。 肉体的にも精神的にも極めて強靭かつ繊細であり、人間には不可能な様々なことを成し遂げることができる。特に美しいものを案出することに優れる。エルフの介在したものは、言語や工芸品、武具や国土そのものにいたるまで、魔法めいた性質を帯びるようになる。 病気にかかることもなければ、老いることも寿命もない。暑さや寒さなどに対する耐性も高く、困難な状況でもよく耐える。 最初のエルフは 月 も 太陽 もない、 星々のみが世界を照らす時代 に生まれたため、星明かり程度の光さえあれば遠方を見通す事ができる。またその視力も、人間より遙かに鋭い。睡眠の意味も人間とは異なり、瞑想によって休息をとることができる(たとえ走りながらでも可能)。身のこなしも非常にしなやかで、雪の上に足跡をつけずに歩いたり、草の茂る森林を音も立てずに進んだりすることができる。 エルフは武器などによって殺されるか、生に倦み疲れて逝かない限り死ぬことはない。その「死」の意味も 人間 とは異なり、魂は マンドスの館 に招集され、そこで世界の終わりを待つか、再び肉体を得て転生することになる。明るい性格のエルフは多いが、年月と共に、叡智と哀しみが積み重なっていき、それとともにその美しさもいや増していく。.

霧ふり山脈 の東で、 レンウェ に率いられて テレリ の一行から離れた者。. ツール リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 ウィキデータ項目 このページを引用.

  • ヘルプ ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ.
  • イルーヴァタールの長子 。 中つ国 に最初に目覚めることを定められた アルダ の住人であり、言葉を話す最初の種族であった。 そのため彼らは、自らのことを「声を出して話す者」の意である クウェンディ と呼んだ。また、 月 も 太陽 も生まれる以前の 星空の下 で生まれたため、 ヴァラール の オロメ からは「星の民」を意味する エルダール の名で呼ばれた。 人間 からは 美しい民 などと呼ばれる。.
  • トールキン以前の近代におけるエルフは、小妖精としてとらえられることが多かったが、トールキンが描いたこのエルフの姿が他のフィクション作品にも大きく広まり、現在の一般的なファンタジー作品におけるエルフのイメージを作ることになった。 ただしダークエルフ(闇のエルフ)は、褐色肌であるとか邪悪であるとかいうケースが多く普及し、トールキンが描いた 暗闇のエルフ とは大きく異なっている(トールキンが書いた暗闇のエルフは邪悪でも色黒でもない)。 またハーフエルフも、トールキンが描いた 半エルフ とは異なっていることが多い。ハイエルフという言葉も、トールキンによる 上のエルフ とはやや違った形で普及している。.
  • 霧ふり山脈 の東で、 レンウェ に率いられて テレリ の一行から離れた者。.

[14] .

アイスランド でのエルフは、目撃したという人々によると、人間に似ているが、やや小型の外観で、素朴で普段は穏やかな生き物であるとされる [29] 。 年 には、妖精遺産保護法が成立しており、エルフに関係すると言われている岩などが保護指定されている [29] 。 年 には、エルフの家とされる巨大な岩を道路工事に伴って移動させたところ、多くの技術的困難に直面することになった [29] 。また レイキャビク 近くの道路工事では、「エルフの岩」とされている岩石を誤って土壌に埋めてしまったところ、道路は冠水したり、負傷する人が出たり、周囲で重機の故障が相次いだ。そのためアイスランド道路管理局はこの岩の原状復帰を決め、掘り出し作業と洗浄作業が行われた [29] 。アイスランドでは、エルフたちは日々の生活の一部と考えられており、エルフに配慮するために工事が変更になったり、エルフによる警告を信じる漁師が出漁を見合わせるようなことがある [29].

他のプロジェクト コモンズ. フィンウェ に率いられたエルダールの第二陣。全員がアマンに渡ったが、後に多くが フェアノール に同調して中つ国への帰還を果たした。.

[ 1] [ 3] .

  • ブリーチ 死神 隊長
  • エロゲ 抜き ゲ
  • ドラゴン ジェネシス 招待
  • 日本 タイム スリップ 太平洋 戦争