中国 王朝 清

19.10.2020
490

これ以降、チベット仏教の教主はダライ・ラマと呼ばれる。アルタン・ハーンが黄帽派チベット仏教の信者となって以後、モンゴル人の間にチベット仏教が広まった。年、チベットを領土とした清は、ダライ・ラマなどの 活仏 かつぶつ を保護・厚遇したが、これはチベットはもとより、チベット仏教信者の多いモンゴルの人々の支持をえようとしたのである。. これは 聖人 の教えを精釈して、忠実な思想を受け継ごうというものである。具体的にはそれまでの主観的に 四書五経 を読み解いている(と考えられる) 朱子学 や 陽明学 を批判して、過去の経書に遡って解釈を行うこととなる。そして最も重視されたのが 漢 代のものである。.

上記三世の皇帝は康熙期の『 康熙字典 』、乾隆期の『 四庫全書 』などの文化事業を行ったが、それは同時に政府の近くに文人達を集める事による言論統制の意味があった。. こうして対外発展を続けてきた清は、その拡大された領土を3段階に分けて統治した。中国内地・東北地方・台湾を直轄地として直接支配し、内外モンゴル・東トルキスタン(新疆)・青海・チベットを 藩部 として理藩院が統括し、朝鮮・ベトナム・タイ・ミャンマーを属国として朝貢国の待遇を与えた。. 瀋陽 にある 清の旧王宮 は 北京と瀋陽の明・清王朝皇宮 として 世界遺産 に登録されている。. 元代にチベット仏教は厚遇され宮廷内に広まり、歴代皇帝の熱狂的信仰もあって莫大な出費により国家財政は混乱し、滅亡の原因のひとつとなった。明も元に引きつづいてチベット仏教を厚遇し、とりわけ永楽帝はチベット仏教の 信奉者 しんぽうしゃ となった。そのためチベット僧と明王室の関係はますます深まり、チベット僧の横暴と堕落とを招いた。.

雍正帝の皇位継承法 乾清宮の内部 玉座が安置されその上に『正大光明』の扁額がある。(画像出典: Wikipedia ).

441718 319.

その後 朝鮮 では 東学党の乱 をきっかけに 日清戦争 が勃発するも、同じ アジア の 国 を相手にまさかの大苦戦。 日本軍 は陸では 平壌 を落とし、 海 上では 黄 海 会戦で清が誇る北洋艦隊を崩壊(経遠、致遠、 超 勇、 楊 威は撃沈、残りは降伏)させた。さらに 遼 東 半島 の 旅 順を陥落させ、とうとう敗戦に至った。講和条約の 下関条約 では、. 現代中国で 普通話 のもととなる 北京語 が成立したのも清代である。本来北京周辺で話されていた言葉と 満洲語 の語彙が混じり合ったものとなったため、北京語は他の方言とは異なる特徴を持つ言葉となった。.

「太子密建」で即位した初めての皇帝

そして商業も非常に活発となり、それに伴い商業システムの発展が随所に見られる。典舗・当舗と呼ばれる 質屋 は貸付・預金業を行い、独自に銀と兌換が出来る銀票を発行した。また 為替 業務を行う票号という機関もあった。これらの中心となっていたのが 山西商人 ( 山西省 出身)・ 新安商人 ( 安徽省 出身)と呼ばれる商人の集団で、山西商人などは豊富な資金を背景に皇族とも密接に関わり、政府資金の運用にも関わっていたと言われる。.

Facebook 0 Tweet 0 Pin 0. 清 年 - 年. その後の太平天国の乱に際しては 湘軍 ・ 淮軍 といった有力者による半私兵集団が鎮圧に当たり、軍閥化が進むようになる。これ以降の政府では 曽国藩 ・ 李鴻章 といった軍閥の長が権力を握るようになり、軍機処を始めとした中央の官僚の権限は有名無実化した。. 表示 閲覧 編集 履歴表示.

  • 清朝と東アジア — 世界の歴史まっぷ. この時期には文化的にも多くの優れた作品が排出された。怪奇短編 小説 『 聊斎志異 ( りゅう さいしい)』。大 ヒット ラブ ストーリー 『 紅楼夢 』。 社会風刺 小説 『 儒 林 外史 』、ペ キン オペラ と呼ばれた『 京 劇 』などなど。しかし一方で都会と農村部との 経済 格差が広がるなどの 社会問題 もあった。.
  • 地方は皇帝直属である 省 と 藩部 と満洲族の故地である旗地( 満洲 )とに分かれている。満洲と北京周辺を皇帝直轄地として統治したことからこの領域は 中国 満洲語:ドゥリンバイ・グルン、dulimbai gurun [11] と呼ばれた。. 清初には税制も明から 一条鞭法 を引き継いでいたが 地丁銀制 に切り替えた。これはそれまでが 人頭税 (人丁)・土地税(地丁)の二本立てであった税を土地税一本にするものである。それまでは郷紳勢力には免税特権が与えられており、また人頭税逃れのために戸籍に登録しようとしない者も多く、これらの対策のために完全に土地による税制に切り替えたのである。この制度が行われた後には隠す必要が無くなった人々が戸籍に登録されるようになり、前述の人口増加はこれが原因の一端と見られている。それと共に戸籍制度もそれまでの 里甲制 から変えて、新しく作り直した。 こうした政策によって、清朝中頃までは円滑に、あるいは曲がりなりにも税制は機能したが、 アヘン戦争 前後より貿易不均衡により清からの銀の流出は著しくなり、これが清国内での銀価格を吊り上げ、反対に銅銭や穀物の相場は相対的に低下した。結果的に、銀納を義務付けられた庶民の納税の負担は上昇して、困窮、清の衰退の主因の一つになった。.

han-i araha sunja hacin-i hergen kamciha manju gisun-i buleku bithe. 14   ! Ch'ing QingChina!

関連語をあわせて調べる

これより先、年に明が滅亡すると、華南の各地で明の皇族が擁立されて清に抵抗したが、これに応じて挙兵した 鄭成功 ていせいこう (〜)は父の 鄭芝竜 ていしりゅう のあとをうけついで海上で勢力をふるい、大陸南岸で反清運動を続けた。年には、オランダ人が占拠していた台湾を攻略して反清運動の根拠地とし(鄭氏政権)、日本へも援軍を要請したが実現しなかった。彼の死後はその子 鄭経 ていけい (〜)がついだが、年、三藩の乱を平定した清軍の攻撃をうけて鄭氏は滅亡した。こうして台湾の鄭氏一族を滅ぼした清は、中国史上初めて 台湾 を領土とし、ここにようやく中国全土の平定を完了したのである。.

李自成によって明が滅ぼされると、長城( 万里の長城 )の東端に位置する 山海関 さんかいかん で清軍の南下に備えていた武将の 呉三桂 ごさんけい (〜)は清に投降し、対清軍の重要拠点であった山海関の門を開き、清軍を導き入れた(これを「 入関 にゅうかん 」という)。当時清では、ホンタイジのあとをついだ 順治帝 じゅんちてい (世祖 位〜)が幼少で即位し、叔父の 睿親王 えいしんのう ドルゴンが摂政として実権を握っていた。山海関を突破することができた清軍は、呉三桂らと共に李自成を破って北京を占領し、清は都を北京に遷して華北支配に着手した。. 満州族には、ハンの継承者を生前に決めておく習慣がなく、ホンタイジや順治帝、康熙帝は兄弟から推されて皇位継承者となった。康熙帝は一時、中国風にならって皇太子を指名したが、兄弟争いがおこったため皇太子を決定しないまま世を去った。混乱の中で即位した雍正帝は、皇太子争いを防ぐため新しい方法を考案した。すなわち皇子らを学問所に入れ武道学芸をきそわせ、皇帝にふさわしい皇子を見定め、その名を記した書状を密封した箱に入れ、宮殿の玉座の背後にかけられた「 正大光明 せいだいこうめい (公正で堂々と潔白なこと)」という 扁額 へんがく のうしろにおき、皇帝の死後開封され、初めて後継者が指名されるというしくみである。この皇帝継承法を「 蜜建の法 みっけんのほう 」といい、以後うけつがれた。この法により最初に選ばれたのが、雍正帝の第4子、のちの乾隆帝である。.

旗の色や形で区別された8個の軍団は、それぞれ人の男性から編制されており、この八旗に属する人々を 旗人 きじん といい、彼らにはさまざまな特権と 旗地 きち という土地が支給された。太宗時代の蒙古八旗や漢八旗にも適用された。.

beginggemun hecen dorgon. 4 5 .

親征して清の領土を最大に広げる

その後、 イギリス に習った アメリカ と 望厦条約 、 フランス と 黄 埔条約 を結ぶ。両方とも領事裁判権(治外法権)と 関税 自 主 権の喪失を認める不 平 等条約であった。 林 則徐は都から遠く離れた新疆に左遷されてしまい、これ以後、清朝はどんどんと 帝国 主 義 国 の食い物にされていく。. 上記三世の皇帝は康熙期の『 康熙字典 』、乾隆期の『 四庫全書 』などの文化事業を行ったが、それは同時に政府の近くに文人達を集める事による言論統制の意味があった。. また、彼はモンゴル文字を借りて表記する 満州文字 をつくり、統一政策を進めていった。後金の建国とその勢力伸張に驚いた明朝は、10万の大軍を派遣したが、年ヌルハチはサルフの戦いでこれを撃破し、年には 遼河 りょうが 以東を制圧し、年には 瀋陽 しんよう (のち 盛京 せいけい と改称)を都とした。.

  • ところが、イエズス会宣教師により遅れて中国へ来航したドミニコ派やフランチェスコ派の宣教師たちは、こうしたイエズス会の布教活動に対し、キリスト教の教義に違反するものであるとして激しく非難し、ローマ教皇に訴えた。これを「 典礼問題 」といい、激しい論争の結果、クレメンス11世(ローマ教皇)は年、中国の典礼を受け入れたイエズス会の布教活動を禁じた。これを知った康熙帝は大いに怒り、典礼を認めるイエズス会宣教師以外の布教活動を禁じ、他派の宣教師を追放する決定をくだした。さらに雍正帝は、福建省でおきたドミニコ派宣教師に関する事件をきっかけに、年 キリスト教布教禁止 の命をだした。このため、朝廷において学問や芸術などの特殊な仕事に関わっている宣教師以外は中国移住が認められず、マカオに追放となった。.
  • さらに青海のモンゴルの反乱を鎮圧し、青海やチベットの支配を確実なものとした。つづく乾隆帝は、 康熙帝 ・雍正帝をうわまわる大規模な外征をおこない、ジュンガル部を討ち、その支配下にあった東トルキスタンの 回部 かいぶ を服属させ、ここを 新疆 しんきょう (新しい土地という意味)と称した。また台湾・ベトナム・ミャンマーなどにも軍を派遣した。.
  • 同時期には、国内でも 洪秀全 率いるキリシタン集団・太平天国による 太平天国の乱 ( 年 - 年 )、 捻軍 の反乱( 年 - 年 )、 ムスリム ( 回族 )による パンゼーの乱 ( 年 - 年 )や 回民蜂起 ( 年 - 年 )、 ミャオ族 による 咸同起義 ( 英語版 ) などが起こり、清朝の支配は危機に瀕した。穆彰阿の「穆党」の中から 曽国藩 が頭角を現し、 李鴻章 や 左宗棠 と 湘軍 を率いて鎮圧にあたった。 年 、 同治帝 が即位すると穆彰阿は失脚し、皇母 西太后 による 垂簾朝政 下で曽国藩・李鴻章ら太平天国の鎮圧に活躍した「穆党」の漢人官僚が力を得て 北洋艦隊 などの軍閥を形成していった。また、政治・行政面では積弊を露呈していた清朝の旧体制を放置したまま、先ずは産業技術に於いて西欧の技術を導入する 洋務運動 を開始した。.
  • 絵画の分野では イエズス会 士 ジュゼッペ・カスティリオーネ (郎世寧)によってもたらされた 遠近法 を取り入れた新しい絵画の誕生が見られる。また明初の 石濤 、 八大山人 といった明の遺民たちは清に対する抵抗を絵に描き表した。.

ice jecen. 1718 Sinology1719.

藩部 tulergi golo)はホンタイジが最初に南モンゴルの チャハル 部を服属させた時に蒙古衙門(monggo jurgan、もうこがもん)を置いてモンゴルの統治に当たらせた事に始まる。その後、蒙古衙門は理藩院(tulergi golo be dasara yamun)と改名し、北モンゴル・ 新疆 ・ チベット ・ 青海 を服属させると藩部と総称するようになった。基本的に藩部には土民の旧制を維持し、行政官は当地の実力者をあてて半自治を行わせ、その上から理藩院が管轄するという形を取っている。特にモンゴルに関しては、臣従した諸勢力は八旗制を元にした 盟旗制度 の元に再編成され、 ボルジギン氏 などの王侯をその長である「ジャサク」とし、親王などの爵位を与えその地位は旗王と同格とするなど厚遇され、清を共同統治するという形をとっている。. 李自成によって明が滅ぼされると、長城( 万里の長城 )の東端に位置する 山海関 さんかいかん で清軍の南下に備えていた武将の 呉三桂 ごさんけい (〜)は清に投降し、対清軍の重要拠点であった山海関の門を開き、清軍を導き入れた(これを「 入関 にゅうかん 」という)。当時清では、ホンタイジのあとをついだ 順治帝 じゅんちてい (世祖 位〜)が幼少で即位し、叔父の 睿親王 えいしんのう ドルゴンが摂政として実権を握っていた。山海関を突破することができた清軍は、呉三桂らと共に李自成を破って北京を占領し、清は都を北京に遷して華北支配に着手した。.

アヘン 戦争 のきっかけは清英の貿易摩擦にあった。二カ 国 の貿易は清が 一方的 に イギリス に輸出をするだけで、 イギリス は 銀 が流出する一方であった。そこで イギリス は 植民地 の インド で採れた アヘン を清に輸出し、貿易 赤字 を解消しようとした。それにより清では アヘン 中 毒 者が続出し、時の統治者、 道 光 帝 から 欽 差大臣(全権委任 大使 )に任命された 林 則徐 が アヘン 取り締まりに乗り出す事になった。これに 激怒 した イギリス は艦隊を極東に差し向けここに アヘン 戦争 が勃発する。 近代 化された イギリス海軍 は清朝 水 軍を敵せず、 天津 を制圧する。 道 光 帝 は 琦善 (きぜん)を交渉人とするもまとまらず、再び戦火が開いてしまう。 イギリス は南 京 にまで迫り、とうとう清朝は 南 京 条約 という不 平 等条約を結ばされてしまう。その内容は.

また史書・地理志にも考証学の技法が用いられて、それらの誤脱を見極めて正しい事柄を見極めようとした。この分野では『 二十二史箚記 』の著者 趙翼 が有名である。.

4444.

  • ビアンカ フローラ ルドマン
  • 純愛 サイコ ホラー 小説
  • フカイ・ アオ 名言